【クラウド型POSレジ】iPad・タブレット端末で使用できるレジの機能と特徴

近年、飲食店や小売店などでタブレットを利用したレジをよく見かけるようになりました。

これはクラウド型POSレジと呼ばれるもので、これまでのPOSレジにはない機能を有しています。ここでは、クラウド型POSレジの機能や特徴、メリット・デメリットについてご紹介します。

クラウド型のPOSレジとは

クラウド型のPOSレジとは

クラウド型POSレジとは、従来のPOSレジと同様に、会計と同時に商品の売上の詳細や販売情報を記録・集計して分析できる機能を備えつつ、データをクラウド上に保存できるアプリケーションのことです。

所有するスマートフォンやタブレットにアプリをインストールすると、収集した各種データをクラウドサーバーに保存してリアルタイムで共有できるようになります。

クラウドPOSの特徴

従来のPOSレジと同じ機能をもちながらデータの保存と管理が容易で、かつ持ち運びもできるのがクラウド型POSレジです。サービスによっても異なりますが、そのほかに次のような特徴が見られます。

  • レジで取得したデータをリアルタイムで共有できる
  • アプリはアップデートによって常に最新の状態で使用可能
  • 従業員の勤怠管理など売上以外のデータも管理できる
  • 自店舗に必要な機能を追加するなどカスタマイズできる

クラウドPOSの機能

クラウド型POSレジには、次のような機能があります。(※サービスを提供する会社によって異なる点もあります)

  • 基本のレジ機能
  • テイクアウト・イートインどちらにも利用可。軽減税率にも対応
  • 各種キャッシュレス決済が可能。電子マネー、各社クレジットカード、QRコード決済に対応可能
  • リアルタイムな在庫管理
  • APIで会計ソフトや給与計算ソフトと連携可能
  • 返品処理
  • 自動釣銭機対応
  • クラウド店舗本部管理連動

このように、決済に関連する基本の機能だけでなく、さまざまな機能を利用できるのがクラウド型POSレジの特徴です。勤怠管理や給与管理、API連携機能などが可能なサービスもあります。

関連記事
クラウド型POSレジのAPI機能~多様なシステム連携で効率的な業務が可能に

クラウド型POSとPOSレジの違い

クラウド型POSとPOSレジの違い

POSレジは、ネットに接続されている販売時点情報管理(POS)システムが搭載されたレジ全体を指します。自動積算機能や販売管理機能が付いており、購買された商品の種類と個数を管理できますが、従来のPOSレジは1台あたり100万円前後と価格の高さがネックとなっていました。

関連記事
POSシステム(ポスシステム)とは?機能・特徴・メリットと最新の動向

一方、クラウド型POSレジは、アプリを既存のタブレットにインストールするだけで使用でき、またデータをすべてクラウドサーバー上に保存できます。従来のPOSレジよりも導入のハードルが低く、モバイル性も持ち合わせているのがクラウド型POSレジなのです。

関連記事
モバイルPOS(mobile POS)とは?モバイル端末を利用したPOSの機能説明

クラウドPOSを導入するメリット

クラウド型POSシステムを導入すれば、次のようなメリットが期待できます。

誰にでも使いやすい簡単操作

一般的なPOSレジは、数多くの操作ボタンや独自の操作手順があるため、新人教育に時間がかかったり、思わぬミスで修正に時間がかかったりすることがありました。この点、タブレット端末を利用するクラウド型POSレジは多くの人が普段使用しているスマートフォンやタブレットと同様に操作でき、使い方を覚えやすいというメリットがあります。

アルバイトやパートタイムの従業員が多い店舗でも、新人教育の期間短縮とそれにともなうコスト削減効果が見込めます。

在庫などのデータ管理が容易

クラウド型POSなら、店舗を横断した在庫管理をリアルタイムで実現します。

たとえばアパレル店舗の場合、顧客からの問い合わせで、カラー違いやサイズ違いのアイテムを同グループの別店舗の在庫にあるか、すぐに確かめたいといったケースもあるかと思います。このような場合でも、複数店舗の在庫の変動をリアルタイムで確認できるので、顧客の要望にすぐに応えられます。

在庫をリアルタイムで確認できる機能は、従業員に負担をかけがちな棚卸作業にも役立ちます

関連記事
在庫管理の方法と課題~POSシステム導入で日々の業務負担を軽減

クラウドPOSを導入するデメリット・知っておくべき注意点

ただし、クラウド型POSレジにもいくつかのデメリットが存在しています。これから導入を考えているのなら、クラウド型POSレジの注意点についても理解し、自店舗・自社に最適なサービスを選択しましょう。

ネットワーク環境が必要

ネットワーク環境が必要

クラウド型のPOSレジを使うためには、原則インターネット環境が必要です。ネット環境が構築されていない店舗では使用できません。インターネット環境については、通信会社に相談することになります。併せて、Wi-Fi環境も構築しておきましょう。

ネット環境さえ用意できれば、クラウド型POSレジの導入は簡単です。ネット環境が安定しておらず、データ消失等のリスクが懸念される場合は、オフラインでも使用できるクラウド型POSレジ「POS+」導入の選択肢も視野にいれましょう。

初期費用とランニングコストがかかる

クラウド型POSレジの導入には、端末代やネット環境の構築費用、また周辺機器の導入に充てる初期費用が必要です。さらに、毎月のシステム使用料や通信料、電気代などのランニングコストがかかる点も念頭においておきましょう。

しかし、クラウド型POSレジの導入費用は100万円前後かかるPOS専用レジよりも低く、毎月のシステム使用料もリーズナブルな場合がほとんどです。

では、実際にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。一例として「POS+」の料金プランを見てみましょう。

月額費用(POS利用料) 導入費用(初期費用+周辺機器費用)
小売店向け
POS+ retail
月額12,000円~ 450,000円~
飲食店向け
POS+ food
月額12,000円~ 400,000円~
小規模店舗飲食店向け
POS+ lite
月額6,000円~ 138,000円~
美容・サロン向け
POS+ beauty
月額12,000円~ 400,000円~

システム使用料などのランニングコストは、事業規模にあわせてプランを選択することができます。POSレジ導入を検討する小規模事業者にとって、クラウド型POSレジは有力な選択肢のひとつと言えそうです。

クラウドPOSの使い方

一般的なクラウド型POSレジの使用方法は、概ね以下のとおりです。

  • 開店前に端末の電源を入れてネットに接続し、アプリを起動しておく
  • 注文を受けたら商品の種類と個数をタップ入力する(バーコードの読み取りも可能)
  • 預り金をタップ入力し、現金、クレジットカードなど、顧客の要望に合わせた方法で決済(会計)する
  • 業務終了後のレジ締め・レジチェックはあらかじめ設定された時刻に自動で行われる。締め後、レジチェックの画面とレジ内の金額を照らし合わせて過不足を確認する
  • 売上や来店客数をチェックする。クラウド型POSレジではこれらの数字もグラフ化され簡単に確認できる

※なお、クラウド型POSレジの使用方法はサービス提供会社によって異なります

クラウドPOSの導入方法

クラウド型POSレジの導入方法について説明します。

  1. iPadなどレジに使う端末と、レシートの出力機・キャッシュレス決済用機器等周辺機器を準備する
  2. 端末にアプリのインストールし、ログインする
  3. 販売する商品、サービスを登録し、カテゴリ設定など各種設定を行う
  4. レジの機能を確認して、使用方法を把握する
  5. レジ用端末と周辺機器を接続する
  6. レジと周辺機器を設置する

なお、使用する端末やシステムによって導入までのステップが前後したり、この流れにない作業が追加されたりすることがあります。アプリのインストール方法や周辺機器の接続方法も、使用するシステム・デバイスによって異なる点に注意しましょう。

まとめ

これからPOSレジを導入したい店舗やレジの買い替えを考えている店舗は、導入コストの低いクラウド型POSレジを検討してみましょう。顧客管理や従業員の勤怠管理、複数店舗の一元管理にも役立ちます。クラウド型POSレジを導入して、効率的な事業運営にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最新のPOSレジ

あらゆる業種それぞれにカスタマイズされた今もっとも話題のPOSレジ

関連記事

2021.08.20 調査・データ

人気の記事ベスト20|店舗運営お役立ち情報

2021.06.23 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍の店舗経営のカギ「安心安全」「業務効率化」を実現するソリューション

2021.06.16 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍に求められる「省人化」:テーブルトップオーダーが推進するオペレーション改革

トップに戻る