• トップ
  • ニュース
  • 2020
  • クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」がセルフレジ・券売機の両機能を持つ「POS+ selfregi(ポスタスセルフレジ)」を提供開始
2020.12.03
リリース

クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」がセルフレジ・券売機の両機能を持つ「POS+ selfregi(ポスタスセルフレジ)」を提供開始

~初期費用60万円から、対面・接触機会の低減と注文・会計業務の工数削減を実現~

クラウド型モバイルPOSレジの「POS+(ポスタス)」を提供するポスタス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本田 興一)は、飲食店向け「POS+ food」のオプションサービス「POS+ selfregi(ポスタスセルフレジ)」を、提供開始することをお知らせします。コロナ禍で高まる飲食店の感染症対策や省人化の需要に応え、顧客満足度向上およびコスト削減を実現します。

「POS+ selfregi(ポスタスセルフレジ)」とは

「POS+ selfregi」は、お客様自身でレジの画面を操作し、注文・会計を行っていただくサービスです。お客様とスタッフの対面・接触機会を低減することで、新型コロナウイルスをはじめとした感染症のリスクを低減するとともに、会計業務の工数削減により省人化を実現します。また、お客様自身による会計で伝票や現金の受け渡しなどの時間短縮が可能となり、顧客満足度向上につなげることができます。

【「POS+ selfregi」の特徴】

  • 1台で2役!

店舗のオペレーションに合わせて、事前会計(券売機)と事後会計(精算機)に切り替えられます。

  • 省人化を実現

注文・会計業務の効率化により、ホールスタッフの人員が削減できます。

  • 感染リスクを低減

お客様自身で注文・会計が行えるため、スタッフの対面・接触機会を低減します。

  • マルチ決済に対応

クレジットカード、電子マネー、コード決済、現金のすべてに対応しています。

  • 高機能かつ低コスト

高機能なセルフレジを、圧倒的な低コストで導入することが可能です。

  • 多言語に対応

英語、韓国語、中国語(簡体・繁体)を標準装備し、外国人のお客様にも対応できます。

【「POS+ selfregi」の利用方法】

【「POS+ selfregi」の概要】

  • サービス名:POS+ selfregi
  • 導入条件:POS+ foodの導入
  • 価格:初期費用+月額課金(要お問い合わせ)

■ポスタス株式会社およびPOS+について < https://www.postas.co.jp/

ポスタス株式会社は、2013年5月のサービス提供から、有償POSレジで国内トップクラスのシェアを誇るまで成長したクラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」の事業を、パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社より承継する形で、2019年12月2日に設立いたしました。

「POS+」は、店舗の売上向上や店舗運営担当者の業務負担軽減による生産性向上を実現し、また従業員にとって利便性の高い機能を搭載する店舗向けソリューションです。飲食店向け「POS+ food」や小売業向け「POS+ retail」、理美容向け「POS+ beauty」のクラウド型モバイルPOSレジをはじめ、顧客の属性に合わせたマーケティング活動を可能にするデジタル会員証「POS+ connect」や、従業員の勤怠管理「POS+ time recorder」、さらに従業員の前払い給与を実現する「POS+ pay 給与前払いサービス」などきめ細やかな機能を搭載し、効率的な店舗運営を支援いたします。

■「PERSOL(パーソル)」について <https://www.persol-group.co.jp/

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。

また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

ニュース一覧に戻る