2022.01.20
リリース

クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」、自治体DXに貢献。浜松市ではキャッシュレス決済で感染症対策と市民の利便性向上を実現

POS一体型の決済端末で二度打ちによる会計ミス防止、売上集計業務の効率化で人件費も削減

パーソルグループでクラウド型モバイルPOSレジの「POS+(ポスタス)」を提供するポスタス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本田 興一、以下:ポスタス)は、2021年12月21日(火)から浜松市が運営する区役所など14施設で、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+」の提供を開始しました。

「POS+」を、三井住友カード株式会社が提供するオールインワン決済端末「stera terminal(ステラターミナル)」(*1)上に、POSレジアプリとしてダウンロードすることで、キャッシュレス決済を始め、POSレジ機能の利用や、全拠点の一括管理が可能になります。

<自治体DXの事例ではめずらしい、博物館でのキャッシュレス決済導入の様子>

概要

「POS+」と「stera terminal」を導入するのは、浜松市の7区役所(中区、東区、西区、南区、北区、浜北区、天竜区)の区民生活課、浜松市博物館などの計14施設。区役所の住民票の写しや印鑑証明書などの発行手数料、博物館の観覧料などの支払いにキャッシュレス決済が使えます。

浜松市では、1年前から一部でキャッシュレス決済の試験導入を行っていましたが、感染症対策と市民の利便性向上を目指し、今回市が運営する14施設での導入を実施しました。これにより、クレジットカードや電子マネー、バーコード決済など、19種類のキャッシュレス決済銘柄に対応可能となりました。

背景

今回の導入は、浜松市のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進の一環で、公共施設でのキャッシュレス決済拡大による「感染症対策」、「市民の利便性の向上」、「会計業務及び売上管理業務の効率化」を目指し決定されました。

「POS+」と「stera terminal」の導入効果

  • 非接触対応で、感染拡大を防止

キャッシュレス決済の比率が高まることで、現金受け渡しの機会が減るため、非接触対応によって市民の安心・安全を確保し、感染症対策や感染拡大防止につながります。

  • 金額の二度打ち不要で、会計ミスを低減

「stera terminal」に「POS+」のPOSレジアプリを搭載することで、決済端末への金額の二度打ちが不要となり、会計ミスの低減につながります。

  • 売上集計業務の効率化

「POS+」の導入で、各拠点の売上データがいつでもリアルタイムに確認できるようになり、データの抽出も簡単にできるため、これまで手動で行っていた集計作業が大幅に効率化され、人的ミスの防止と事務の効率化にも寄与しています。

<導入の決め手>

  • 画面の視認性・操作性が高く、直感的に使いやすいこと
  • 1台でPOSレジ、キャッシュレス決済端末として使えるため、省スペースであること
  • 研修や保守の体制がしっかりしており、導入後も安心して使えること

今後の展望

今後もポスタスは、「POS+」の地方自治体への導入を推進することで、地方創生の推進と日本の労働者不足解消を目指していきます。

(*1)「stera」について  https://www.smbc-card.com/kamei/stera/index.jsp

「stera」は、三井住友カードが、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、GMOフィナンシャルゲート株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と共同で構築した事業者向け次世代決済プラットフォームであり、キャッシュレス決済の過程で事業者サイドが必要とする機能を一気通貫でカバーしています。「stera」を構成するオールインワン決済端末「stera terminal」は、一台でクレジットカード、電子マネー、コード決済等、さまざまな決済手段への対応が可能となり、さらには端末上で利用できるアプリを取り揃えたアプリマーケットプレイス「stera market」が展開されます。

ポスタス株式会社および「POS+」について https://www.postas.co.jp/

ポスタス株式会社は、2013年5月のサービス提供から、有償POSレジで国内トップクラスのシェアを誇るまで成長したクラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」の事業を、パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社より承継する形で、2019年12月2日に設立いたしました。

「POS+」は、店舗の売上向上や店舗運営担当者の業務負担軽減による生産性向上を実現し、また従業員にとって利便性の高い機能を搭載する店舗向けソリューションです。飲食店向け「POS+ food」や小売業向け「POS+ retail」、理美容向け「POS+ beauty」のクラウド型モバイルPOSをはじめ、顧客の属性に合わせたマーケティング活動を可能にするデジタル会員証「POS+ connect」や、従業員の勤怠管理「POS+ time recorder」などきめ細やかな機能を搭載し、効率的な店舗運営を支援いたします。

「PERSOL(パーソル)」について < https://www.persol-group.co.jp/

サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。

また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

ニュース一覧に戻る