• トップ
  • セミナー情報
  • コロナ禍でも堅調な店舗の共通点はデータ活用だった!POSデータに見る飲食店動向とデータ活用の実例を解説
満員

コロナ禍でも堅調な店舗の共通点はデータ活用だった!POSデータに見る飲食店動向とデータ活用の実例を解説~6/23(水)開催の無料オンラインセミナーにポスタスが登壇~

2021.06.23(水)
13:30〜14:45

総合人材サービス、パーソルグループでクラウド型モバイルPOSレジの「POS+(ポスタス)」を提供するポスタス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本田 興一、以下:ポスタス)は、技研商事インターナショナル株式会社(名古屋本社:愛知県名古屋市、東京本社:東京都新宿区、代表取締役:小嶌 智海、以下:技研商事インターナショナル)が主催する「データ経営でコロナの状況に左右されない強い店舗をつくる~データ分析・活用術と次の打ち手について事例を交えて解説~」に登壇することをお知らせします。

コロナ禍で日々目まぐるしく変わる市況への対応を余儀なくされ悩んでいる外食業界の方々に向けて、データを経営に取り入れることの必要性と具体的な事例に基づいたデータの分析方法・活用術について分かりやすく解説します。

開催概要

受講料 無料
日時 2021.06.23(水)
13:30〜14:45
会場 本ウェビナーは「コクリポ」という外部サービスを利用します。パソコン(Google Chrome)でもモバイル(公式アプリ)でも参加することができます。
定員 100名
対象となる方 ・チェーン企業の店舗開発、経営企画、マーケティング、情報システムご担当者様
・外食データに興味がある企業、メーカー、官公庁・自治体様
主催 技研商事インターナショナル株式会社
プログラム
  • 第1部:POSデータに見るコロナ禍の飲食店動向とデータ分析・活用術の実例紹介(ポスタス)
  • 第2部:外部データを用いたチェーン企業のジオマーケティング手法と事例(技研商事インターナショナル)

申込フォーム

定員に達したため、
受付を終了しました
セミナートップに戻る