業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」

タブレットPOS(iPad)レジ導入のメリットとデメリット

タブレットPOS(iPad)レジとは、タブレットやiPadにPOSレジアプリをインストールして使用するレジのことです。優れた操作性と低コストで導入できることが魅力。タブレットやiPadをレジとして使用するため、コンパクトでレジ周りをスッキリでき、小規模店舗でも安心してご利用いただけます。

本記事では、タブレットPOS(iPad)レジの特徴やメリット・デメリット、活用できる補助金・助成金情報について解説します。

\ ポスタスのタブレットPOSレジはこちら /

タブレットPOSレジ

タブレットPOS(iPad)レジとは?

タブレットPOS(iPad)レジとは、iPadやAndroid端末などのタブレットに専用アプリをインストールして使えるPOSレジです。従来の重くて大きなレジとは異なり、省スペースでスタイリッシュなデザインが特徴です。

タブレットPOS(iPad)レジは、多機能性も魅力の一つです。売上管理や在庫管理、会計処理などが一元化でき、スマートフォンやWEB上からリアルタイムでデータを把握することが可能です。クラウドシステムによりデータが常に保存されるため、情報の喪失を防ぎます。

また、初期費用やランニングコストが安価なため、小規模店舗でも気軽に導入できる点もタブレットPOS(iPad)レジの魅力です。

このようなことから、タブレットPOSレジは、主に中小規模事業者を中心に幅広い業種で導入されています。
POSレジについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考になります。
参考記事:POSレジ・POSシステムとは?種類や機能、導入メリットを解説

タブレットPOSレジ導入の無料相談実施中!

POSレジの導入にお悩みの方はこちらからご相談ください。

タブレットPOS(iPad)レジのメリットは?

タブレットPOS(iPad)レジを導入するメリットをご紹介をします。

低コストで導入しやすい

タブレットPOS(iPad)レジは、iPadなどのタブレット端末を使用するため、据え置き型のレジと比べると費用を押さえて導入できることがメリットです。

据え置き型のレジでは、初期費用に100万円以上かかることもあり、カスタマイズするにも多額の費用が必要となる場合があります。
一方、タブレットPOS(iPad)レジであれば機材代は15万円ほどで済みます。タブレット端末に専用のアプリをインストールするため、カスタマイズも柔軟にでき導入後の費用も安く抑えられます

初心者でも使いやすい

タブレットの画面をタッチして操作をおこなうため、直感的なオペレーションでPOSレジを使うスタッフも迷うことなく操作が可能です。

従来のレジは、ボタンがたくさんあり操作を覚えるのに一定の時間が必要でした。直感的な操作が可能なタブレットPOS(iPad)レジなら、初心者でもすぐに使うことができ、新人教育にかかる時間や、オペレーションミス改善などの業務改善効果も期待できます。

省スペースでコンパクト

ipadなどのタブレット端末を使用するタブレットPOSレジは、コンパクトでレジ周りを省スペース化できるため、小規模店舗でもレジの設置場所に困りません

またタブレットは、スタイリッシュでデザイン性も高いため、お店の雰囲気を崩さず内装にこだわりのあるお店にもマッチします。

効率的な管理

タブレットPOSレジ(iPad)は、売上、在庫、顧客データなどを一元管理し、全てをリアルタイムで確認・分析できます。これにより素早い意思決定が可能となり、ビジネス運営の効率化に貢献します。

さらに、クラウドシステムを利用することで、データはいつでもどこでも確認可能。営業外時間や外出先でも最新のビジネス状況を把握できます。

決済の多様性

タブレットPOSレジ(iPad)は、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済といったキャッシュレス決済や会計ソフト、自動釣銭機などの外部サービスとの連携が可能です。自店のニーズに合わせた連携により、ビジネスの運営効率も向上します。

タブレットPOS(iPad)レジのデメリットは?

タブレットPOS(iPad)レジの導入には以下のデメリットもあります。

運用コストがかかる

タブレットPOS(iPad)レジの場合、インストールしたアプリはクラウドと連動しており、システムのアップデートが常時行われます。そのため、利用料として月々費用がかかる点は考慮しておく必要があります。
とはいえ、従来のレジやターミナル型のPOSレジと比較すると、費用を大きく抑えることができます。
また、タブレットやキャッシュドロワーなどの周辺機器は別途揃える必要がありますが、それでも15~20万円ほどで導入できるので低コストと言えるでしょう。

ネットワーク環境が必要

タブレットPOS(iPad)レジだけでなく、POSレジを使用する際には安定したインターネット環境が必要です。インターネットに接続できない場合、データの蓄積や在庫管理、会計業務など店舗運営に必要な業務に支障が出る可能性があります。
もともと店舗に安定したインターネット環境があれば問題ありませんが、ない場合はPOSレジの導入に併せて、インターネット回線の申し込みが必要になります。

アプリとOSの相性がある

タブレットにはパソコンやスマホと同じように、OSが搭載されています。しかし、OSのバージョンによっては提供しているPOSシステムやアプリを使用できない可能性があるので注意が必要です。
また、導入当初は使えていても、OSのバージョンアップなどにより使用できない機能が出てくることもあります。そのため、導入前にサービス提供会社に問い合わせて確認しましょう。適切なOSバージョンを選定することで、スムーズなPOSレジシステムの利用が期待できます。

タブレット(iPad)型POSレジとターミナル型、パソコン型との違い

タブレット(iPad)型 POSレジ

iPadなどのタブレット端末に、専用アプリをインストールして使用するPOSレジです。導入コストが低く、運用コストも抑えられます。コンパクトで省スペース設置が可能でありながら、売上分析や顧客分析、在庫管理などの機能を十分に備えています。
周辺機器との接続により機能を拡張できることに加え、レシート発行やクレジット決済、タッチレス決済などにも対応可能。導入コストを抑え、スペース効率を高めたい店舗に最適なPOSレジです。

ターミナル型POSレジ

ターミナル型POSレジは、従来のレジにPOSシステムを組み合わせたもので、コンビニやスーパーでよく見られます。
個別にカスタマイズ可能な専用ソフトウェアを搭載し、自動釣銭機やセミセルフレジなどの機能も備えています。ただし、初期費用が高額で100万円以上かかる場合もあります。

パソコン型POSレジ

パソコン型POSレジは、一般的な家電量販店で購入できるパソコンにPOSシステムをインストールして使用する方法です。既にパソコンを持っており操作に慣れている場合にはおすすめです。
また、パソコンをPOSレジとして使うため、普段の業務とPOS機能を1台で兼ね備えることができます。なおPOSレジ同様に、周辺機器と接続することでレシートプリントやクレジット・キャッシュレス決済にも対応できます。

タブレット型POSレジを資料で確認

POSレジの概要をわかりやすくまとめた資料を無料でプレゼント

タブレットPOS(iPad)レジの機能

タブレットPOS(iPad)レジは、おもに以下の機能を搭載しています。

ここでは、POS+(ポスタス)を参考に「レジ機能」「売上分析」「キャッシュレス決済」の3つの機能をピックアップしてご紹介します。 

レジ機能

個人店からチェーン店まで、さまざまな業種業態に必要なレジ機能を搭載。直感的で迷うことのないよう設計された操作画面で、システムが苦手な人でも安心して利用できます。

店舗オペレーションに合わせた会計方法

通常会計はもちろん、3パターンの会計機能を搭載しています。

  • 予約会計:予約商品の受付が行えます。支払い方法も前払い・後払いから選択が可能。
  • 返品会計: キャッシュオン形式の店舗でその場で注文・会計処理が可能。
  • 取置会計:会計の途中で「取置会計」ボタンを押すと、登録済みの会計情報が保存。会計を中断する際に便利な機能。

売上分析

タブレットがあれば、管理画面から店舗の売上や帳票状況をどこでもリアルタイムに確認できます。日毎や月毎、曜日毎などのデータはグラフで可視化され、直感的な判断が可能です。

帳票分析

帳票データをグラフ化して分析。 データはPDF/CSVでダウンロードすることも可能。

簡易PL

管理画面から簡易的な損益計算書を出力。店舗毎の売上状況や利益状況の把握が可能。

顧客分析

データで顧客状況を可視化し、店舗運営の改善に貢献。

店舗別顧客数分析

指定した期間の客数(全体/男性/女性)と客単価を店舗ごとに比較して分析可能。

キャッシュレス決済機能

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済は、電子マネーやクレジットカードを利用した決済サービスのことです。POSレジには内蔵型と外付け型のカードリーダーやスキャナーがあります。キャッシュレス決済機能を搭載することで、多くのキャッシュレスサービスに対応可能で、現金管理の負担が減ります

さらに、ポイント還元などの特典もあり、キャッシュレス決済を選択するユーザーが増加しています。

小売店向けキャッシュレス決済機能

楽天ペイ/STORESターミナル 決済/ PAYGATEなどの決済サービスと連携可能。豊富な決済手段に対応できます。

POSレジの価格・費用

POSレジの種類ごとに初期費用と、ランニンングコストを比較してみましょう。

ターミナル型POSレジパソコン型POSレジタブレット/モバイルPOSレジ
初期費用50〜100万円程度20〜100万円程度10〜50万円程度
ランニング10,000円程度5,000円〜程度0円〜14,000円程度

初期費用やランニングコストを抑えたい方には、タブレット(iPad)/モバイルPOSレジの導入がおすすめです。

一方、独自の決済方法やシステム連携が必要な場合は、ターミナル型POSレジやパソコン型POSレジが最適なケースもあります。

タブレットPOS(iPad)レジに使える補助金・助成金

どのタイプのPOSレジを導入するとしても、導入費用とランニングコストは必要です。開業初期では、とくに初期費用を抑えたいと考えることでしょう。その際には補助金や助成金を活用することができます。

ただし、補助金や助成金は自社の要件によって異なるため、詳しくは各運営先にお問い合わせください。

IT導入補助金

中小企業や小規模事業者の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助してくれる支援策です。企業の業務効率化や売上アップなどの経営力の向上や強化が目的とされています。

【クラウド利用費(最大2年分)や導入関連費】

補助率:最大3/4

【タブレット・券売機などのハードウェア購入費】

補助率:最大1/2

なお、IT導入補助金を受けるためには、IT導入補助金に対応しているベンダーの商品を導入する必要がありますので、導入する前に商品提供会社にご確認ください。

▼ポスタスのIT導入補助金について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

IT導入補助金でセルフレジ券売機を導入しよう

業務改善助成金

業務生産性の向上を目指し、POSレジの導入をしたうえで、事業場内の最低賃金(時給ベース)を一定額以上引き上げた場合に、業務改善助成金を受け取れる助成金です。

 最低賃金の引き上げる金額に応じて『30円』『45円』『60円』『90円』の区分があり、30〜600万円が助成されます。
参照:厚生労働省公式サイト

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者等の販路開拓や生産性向上などにかかる経費の一部を支援する補助金です。常勤の従業員が20人以下の法人や個人事業主が対象です。

申請可能枠は全部で5枠ありますが、「通常枠」と「賃金引上げ枠」がPOSレジの導入で申請しやすい枠と言えます。

【通常枠】

補助率:2/3

補助上限:最大50万円

【賃金引上げ枠】

補助率:2/3、

補助上限:最大200万円
参照:前項商工会連合会公式サイト

ものづくり補助金

小規模事業者・中小企業が今後直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)に対応すべく、生産性向上を目的とした設備投資の一部をサポートする制度です。

ものづくり補助金は「一般型・グローバル展開型」と「ビジネスモデル構築型」があり、 POSレジの導入時に活用できるのは「一般型」です。補助額が最低750万円からと高い点が特徴です。

【一般型 通常枠】

補助率:1/2または2/3

補助上限:1,250万円

【一般型 デジタル枠】

補助率:2/3

補助上限:1,250万円
参照:ものづくり補助金公式サイト

ポスタスのタブレットPOS(iPad)レジが選ばれる理由

POS+ retail グッドデザイン

業種ごとに特化したPOSレジ

ポスタスのタブレットPOS(iPad)レジは、飲食店、小売店、美容・サロンなどの業界特化型のPOSレジを提供しています。

小売店では、会計機能はもちろん顧客管理や在庫管理が強化されており、飲食店ではテイクアウトやセルフオーダーなどを周辺機器と組み合わせて業務効率化を図ることができます。

また、美容・サロンでは電子カルテ、予約管理、DM配信など顧客接点機能が充実しています。それぞれの業界に合わせた使いやすいPOSレジが提供されているため、店舗のニーズに適したPOSレジ導入が実現します。

多機能&柔軟オプション

ポスタスのタブレット型POSレジは高機能でありながら柔軟性にも富んでいます。基本的な会計機能に加えて、売上、顧客管理、分析、複数店舗の管理、多言語対応など充実した機能が搭載されています。

店舗
サポート体制

導入から運用まで万全のサポート体制

ポスタスでは、導入前から導入後まで安心してご利用いただけるよう、充実したサポート体制をご用意しています。

最適なプランの提案や初期設定、設置に加えて、導入後も365日電話サポートで問題解決に対応します。全国無制限の駆けつけサポート(一部地域は別途費用が発生します)など店舗運営をスムーズに行うためにサポートを行います。

【無料】タブレット型POSレジの資料

POSレジの概要をわかりやすくまとめた資料を無料でプレゼント

タブレットPOS(iPad)レジの導入を考える際のポイント

タブレットPOSレジを導入する際にはいくつか考慮しておくべき要素があります。
特に重要な3つのポイントに絞って解説します。

タブレットPOS(iPad)レジ導入の目的を明確にする

タブレットPOS(iPad)レジを導入する際には、明確な目的を定めることが重要です。レジ機能だけでなく、顧客分析や売上分析など経営に活かすのか、移動販売など販売場所を変える可能性があるのか、導入の使用方法を検討しましょう。

目的に応じて必要な機種やタイプが異なるため、適切なタブレットPOSレジを選ぶためにも目的を明確にすることが大切です。

必要な機能を決める

タブレットPOS(iPad)レジを導入する際には、明確な目的を定めることが重要です。レジ機能だけでなく、顧客分析や売上分析など経営に活かすのか、移動販売など販売場所を変える可能性があるのか、導入の使用方法を検討しましょう。

目的に応じて必要な機種やタイプが異なるため、適切なタブレットPOSレジを選ぶためにも目的を明確にすることが大切です。

運用と保守のしやすさを考慮する

タブレットPOS(iPad)レジは、アプリをインストールして使用するため、バージョンアップなどの変更に対応する必要も出てきます。 その際、サポート体制が整っている会社であれば安心です。

365日電話サポートや駆けつけサポートなど、万全の対応を提供している会社を選ぶことで、トラブル時の対応もスムーズに行えます。運用と保守に対するサポート体制も重要な要素と言えるでしょう。

高機能でカンタンなタブレットPOSレジなら「ポスタス」

ポスタスのPOSレジの内容がわかる資料を無料プレゼント

タブレットPOS(iPad)レジ導入の流れ

タブレットPOS(iPad)レジ導入の流れはお店の業態や製品によって異なりますが、おおよそ以下のような流れになります。

STEP 1:お問い合わせ

まずは、タブレットPOS(iPad)レジの提供会社に問い合わせをして商品の資料などを送ってもらいましょう。
ポスタス(POS+)の問い合わせはこちらから

STEP 2:商談・お見積もり

店舗の規模や用途、実現したいことなどを伝えてお見積りをもらいましょう。 商談を行う前に、必要な機能や予算感、気になる周辺機器などを検討しておくとスムーズに商談を進めることができます。

STEP 3:契約・納品日決定

契約内容に納得できたら、契約を締結して納品日を決定します。

STEP 4:設置・設定

機材が届いたら想定していた場所に設置し、商品登録を行います。設置の際は想定外のことが起こったり、商品登録に非常に時間を要したりしますので、余裕を持ったスケジュールで設置・設定を進めましょう。ポスタスでは、機器の設置から商品登録まで専門スタッフがご対応しますので、安心してご導入いただけます。

STEP 5:ご利用開始

設置・設定が完了したらご利用開始できます。はじめてのPOSレジだと使い方が分からないといったこともありますが、ポスタスでは店舗スタッフの方への導入トレーニングなどもご用意しておりますので、お問い合わせください。

まとめ

デジタル技術の進化はビジネス運営に革新をもたらしています。その中でもタブレットPOSレジの導入は、小規模から大規模のビジネスにとって重要なツールと言えます。そのメリットは省スペース性、コスト効率、効率的な管理、決済の多様性、クラウド連携など多岐にわたり、ビジネス運営の効率化と顧客満足度の向上に大きく寄与します。しかし、導入を考える際には、自社のニーズや予算、サプライヤーの選択、将来のビジネス展開に合わせたスケーラビリティなど、慎重な検討が必要です。正しく選択し、適切に運用すれば、タブレットPOSレジはビジネスの成長と成功を強力にサポートします。

ポスタスの導入について無料で資料をダウンロード

ポスタスの導入方法について、詳しく知りたい方はまずは資料をご確認ください

資料ダウンロード

以下のフォームにご入力の上、資料をダウンロードしてください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロードのURLを送信致します。