業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」
2020.03.31
POS レジ 店舗管理

レジミスによる過不足金をなくすためには

切っても切り離せない過不足金の問題

会計処理をおこなうことうえで、レジは欠かせない機器であることは確かです。スムーズにお金を管理し処理することができるようになるため、有効な機器であることは間違いありません。

ですが、締めるときに発見することになりますが、過不足金は起きます。多くなっていればこれは問題ですし、少なくても損害を与えることになるのですから問題です。その問題は小さなことではありません。

大きな問題として、対策を考えていかなければいけませんが、原因の対策や追求をしていかなければ、いつまでたっても問題がなくなることはありません。信用にもかかわってくる部分もあることを忘れず、確実な対応をしていかなければいけません。

過不足金が起きる原因を大別すると、要因は多くあるわけではありません。盗難といった犯罪か、販売した時にミスをした、締めの時のミスの3つです。この要因から対策を立てていくことが重要となってきます。

特に大きな問題になるのが、犯罪ということです。対処もすぐにおこなっていかなければいけません。レジのシステムにもよりますが、売り上げを盗んでしまうということが最も大きな問題となります。内部で噂がたてば、それぞれが疑心暗鬼にもなってしまう恐れがあります。スタッフの士気にもかかわってくるため、対処も難しい部分があります。

レジのシステムを強固なものにしたり、POSレジにしてこうした行為ができないという状況を作っておくことも大切です。入力誤差を狙っていることが多いのも特徴となっていることを忘れてはいけません。監視カメラをレジに向けておくということも抑制効果を上げることができるでしょう。発生してから対策をするのではなく、発生させないようにすることが基本です。

最後のミスですべて台無しに

締めの時のミスは、すべてのチェック事項を台無しにしてしまう大きな要因です。実際は合っているのにもかかわらず、ずれを作り出してしまうというのは、問題として考えていかなければいけない部分です。

両替した時に、細かな金額を間違えたり、戻すのを忘れてしまうということも起きる可能性があります。小銭を落としてしまったということもありますし、数え間違うということも起きないわけではありません。記入ミスや電卓で計算するミスも起きることもあります。束にしてあるものは、合っていると思い込むことも問題です。もしかしたら、間違っていると考え、確認していないこと自体がミスに繋がってしまいます。こうしたミスで台無しになってしまうのですから、問題点を整理し、起きないようにしていかなければいけません。

POSレジを導入する理由というのは、こうした細かなミスをなくすために効果的だからです。ミスが起きないようにする、過不足金が出ないようにするということは、その時間の分だけ他の仕事ができるということを示しています。効率化することができるようになれば、大きな効果を上げることが期待できます。ミスは大きな影響を与え、人間的な関係も壊してしまうことも出てくるからです。

POSレジを導入することで大半は防ぐことができます。チェック事項を確認し直すきっかけにもなります。スタッフの意識も変えていくことができますし、在庫管理や売上管理もリアルタイムでできるようになるのですから、将来のことを考えても導入を検討していくべきなのは間違いありません。

ミスを防ぐ対策

レジミスの原因は、機械の機能に問題があるということではないでしょうか。現在お店で使用しているレジに備わっている機能、ボタンの配置などが分かりにくいということであれば当然ミスの確率は高くなることになります。それをアルバイトの人たちの責任にしてしまうと、結局アルバイトの人たちも気分よく仕事をしてくれなくなる可能性があります。

ミスをしたことは事実なのですが、お店側もレジを新しく変えるという姿勢を持つ必要があるのかもしれません。最新の機械は確実に合理的手段をお店に提供してくれるでしょう。
例えば、お店でタッチパネル操作が出来るPOSレジを導入すれば、アルバイトの人たちのミスは確実に大幅に低下するでしょう。タッチパネル操作のPOSレジなら、もちろん操作を簡単にすることが出来るので、テンキーを使って商品ひとつずつの値段を打ちこむ必要がありません。

現金過不足は、アルバイトで仕事をしている人たちがお札や小銭の数え間違いで起こる場合もあります。この問題は、どのような方法でリスクの回避をすれば良いのでしょうか。レジ付近にお金を落とすということもあるでしょう。お客様にお釣りを渡すとき金額を間違えるということも充分考えることが出来ます。そのようなミスを出来る限り回避したい思いでお店側は、お札をお渡しする際にはお客様の前で数えるとか、声出し確認の徹底化といった方法を考えているのかもしれません。しかし他にいい方法はないのでしょうか。

関連記事
レジの打ち方の基本と応用~レジ打ちが難しい理由と対処法

クラウドの時代

レジミスの原因を知れば、お店の人たちは改善のために自分たちには出来ることがあるということに気が付きます。POSレジを使用すればレジのお金の入金や出金、両替などのケースで、キャッシュドロアを開けるたびに記録を残すことが可能です。さらに不正や金額の不一致が起こった場合に、原因を探る手がかりになることもあります。

POSレジを導入することで、さらに売り上げの管理などもとても楽にすることが出来ます。もっと新しい時代に目を向ければそこには、ただPOSレジではなく、クラウドPOSレジというシステムがあることにきっと気付くことでしょう。クラウドPOSレジは、タブレットやスマートフォンに対応した飲食店専用のクラウド型モバイルPOSでアプリを端末にインストールして利用します。注文の入力・会計処理の端末として使用できるほか、店内の注文・売上管理、勤怠・シフトの管理なども簡単に行うことができます。メインエンジンはクラウド上にあり、メインエンジンはアップデートが頻繁に繰り返されているので、お店の人たちはいつも最新な状態のシステムを使用することが出来ます。

今一番新しいものは従来型POSレジと思っている人たちもいるのかもしれませんが、時代はさらに次のシーンへと進み、従来型POSレジが時代遅れと言われる時代がすぐそこに来ています。
クラウドシステムならいつでも時代の最先端をリードし続けることが可能なのです。クラウドの場合、データはすべてクラウドサーバに保存することが出来るので、売り上げの報告をいちいち待たず、いつでもどこからでもリアルタイムに店舗の状態をチェックすることが出来ます。

ミスを減らすために!業界ごとのレジ誤差対策を紹介

ミスの原因によってレジ誤差対策も変わる

人間が行う作業には少なからずミスが付きものです。レジオペもその例外ではなく、各企業はそれぞれにレジミスを減らす対策を講じています。ミスをやみくもに減らそうとしても、実際にはあまり効果がありません。初期段階においては、まずミスの原因を細かく分析し、それぞれの原因について異なる対策を立てる必要があります。

預かり金の盗難や横領などの内部犯行をのぞいて、大抵のレジミスは担当者のケアレスミスによるものです。ケアレスミスにもいくつかの種類があり、ちょっとした注意で原因が特定できるものもあれば、時間の経過とともにミスをした証拠が紛失し、対策が立てにくくなるものもあります。ケアレスミスで最も多いのは、代金の数え間違いです。特に新札のみで支払われる場合はお札同士がくっつきやすく、本来は3枚と入力すべきところを誤って1枚としてカウントしてしまうなど、実際に受け取った金額よりも少なく打ち込んでしまうことが現場では多い傾向があります。

種類の誤認も多く、例えば10,000円などの高額紙幣を「0」「00」のボタンを打ち間違えて1,000円札として記録するようなミスはよく起こり得ます。桁違いの大きな間違いの他にも、例えば1,080円の合計を1,800円と見間違えてしまうなどの間違いも多いのです。さらには、お札の下に数えていなかった小銭があったなど、ミスはさまざまに考えることができます。

レジミスを防ぐトレーニングも、それぞれのお店ではマニュアル化されていることが多くなっています。ケアレスミスを減らす上で有効とされるのは読み上げです。お客さまから預かった代金を納める時に、金額を声に出して確認する手法で、店にいる他のスタッフに聞こえるように復唱するのがポイントとされています。

POSシステムの導入によってレジ打ちの業務がかなり簡略化されたとは言え、現場ではまだまだミスを少しでもゼロに近づけるための取り組みがつづけられているのです。

現場から見たPOSシステムとレジ誤差対策の関連性

レジミスとPOSシステムの関係はとても密接です。そもそもPOSシステムは顧客データの一元管理とともに、レジオペの簡略化のために導入されました。POSシステムは果たして、日本の小売業界にどのような変化をもたらしたのでしょうか。POSシステムは、その店舗の販売実績情報を収集するために役立てられています。実際のレジ業務では、日時、商品名、価格、いくつ売れたかなどが瞬時に記録され、メインのクラウドサーバーに送られます。そして、蓄積されたデータを時系列や商品回転率などの観点から解析し、新商品開発のマーケティングに役立てられるのです。

タブレット型のPOSレジは、場所も大幅に取らずに使用することが可能です。これは美容室やネイルサロンなどでよく使用されるタイプで、会計の他にも顧客のデータ管理やスタッフ別の売り上げ、予約状況、スタッフの勤怠情報などが一括で管理できるものとなっています。このタイプのPOSレジを使用すると、成績がデータ化され目に見えるため、スタッフ自身の成績が明確になり、目標意欲を高めることにも役立てられるでしょう。

レジでのミスが多発すると、中にはレジに対して苦手意識を持ってしまうスタッフも出てくるでしょう。全てのスタッフが気持ちよく接客ができるようにするためには、レジのミスを減らす対策をきっちり行いたいものです。ボタンが機能的に配置され、ケアレスミスのチェック機能が付けられたPOSレジは、現場の負担を軽減し少しの注意で減らせる類のレジミスはかなりの部分減少させられています。

究極のレジ誤差対策!レジミスはきびしく叱るべき?

マニュアルによる対策も有効ですが、究極的なレジ誤差対策は血の通ったマンツーマンによる指導に尽きます。「レジミスは厳しく叱るべきか否か」これは、新人スタッフを指導する立場のスタッフであれば誰もが直面する大きな悩みではないでしょうか。

一般的には、部下のミスに対してはその度合いに応じて厳しく対処するのが常道とされています。しかしながら、現場においてそのような画一的なセオリーはもはや意味をなしておらず、指導担当者の裁量でどれだけ個人のミスと向き合えるかが課題となっています。

心理学的に見れば、ミスに対して厳しく叱る接し方は確かに短期的に見れば一定の効果があります。しかしながら、叱り方があまりに一方的だったり感情的だったりすると、余計な反発を生み、本来伝えるべきメッセージからずれてしまう場合があります。そのため、ミスそのものを咎める前に、なぜそのようなミスをしたのか、相手の目線に立って一緒になって考えていくことが大切です。特にレジ打ちなどの単純作業の場合は、ミスを誘発するような原因がどこかにあるはずです。

POSレジを使えば、単純な打ち間違いやミスを減らすだけではなく、店舗の売り上げの管理やスタッフの管理などもしやすくなります。また、人件費も自動で算出したり、過去の実績との対比もできるので、コスト管理の面でも店長の負担を軽減することが可能です。この機会にレジ業務の改善をしたいとお考えの方は、POSレジの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
POSレジの使い方~システムの機能と導入までの手順

クラウドPOS導入でレジミスをなくす

タブレットPOSレジ「POS+」は、会計時の作業効率化に効果を発揮する、多彩な機能を搭載しています。バーコードをスキャンするだけでレジ作業を完了できるのはもちろんのこと、飲食店での割り勘やコース注文などの複雑な会計処理も自動で行え、電子マネー・クレジットカードなどのキャッシュレス決済にも対応できます。

サービスラインアップは、飲食店に特化した「pos+ food」、小売店向け「POS+ retail」に加え、注文会計を省人化できる「POS+ selfregi」がスタートしました。

スタッフの負荷や食材ロス、予約対応など飲食店向けPOSシステム
POS+ food

在庫変動や多様な販売処理の管理など、小売店向けPOSシステム
POS+ retail

「POS+ selfregi」は、お客様自身でレジの画面を操作し、注文から会計まで一連の作業をセルフで行うことができるサービスです。お客様と従業員スタッフの接触機会を減らすことで、新型コロナウイルスをはじめとした感染症のリスクを低減するとともに、会計業務の工数削減により省人化を実現できます。伝票や現金の受け渡しにかかる時間がなくなり、お客様にとっても時短につながるというメリットもあります。

非接触・マルチ決済を提供できるフルタッチパネルのセルフレジ・券売機
POS+ selfregi

最新のPOSレジ

あらゆる業種それぞれにカスタマイズされた今もっとも話題のPOSレジ

関連記事

2022.07.12 POS 法律・制度 経営

【2023年度】POSレジ導入に利用できる補助金・助成金の種類と申請方法まとめ

飲食店
2022.07.12 POS 経営

チェーンストアとは?定義や種類、今後の展開について解説

小売店
飲食店
2022.07.12 POS 店舗管理 機能 経営

小売業の店舗分析方法~データ分析を行うべき理由と効果

小売店
月額3か月無料キャンペーン