業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」
2020.11.27
POS 店舗管理 機能

美容師は忙しい!システムの活用でサロンワークを効率化

美容師は接客や施術といったお客様に関わる業務以外にもやるべきことが多く、忙しさに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。本記事では、サロンワークが忙しくなってしまう理由について解説するとともに、業務効率化を図るための方法をご紹介します。

美容室のサロンワークとは?美容師が忙しい理由と対策

美容室のサロンワークとは、美容室で実際に美容師が行わなければならない業務全般を指します。なぜ美容師が忙しくなってしまうのか、その理由と業務効率化に向けた対策について、業務カテゴリー別に見ていきましょう。

予約管理

お客様の来店日を聞き、他の予約と被らないようにスケジュールを埋めていくのが予約管理業務です。

忙しくなる理由

美容師が忙しくなってしまうのは、予約管理の際に他の予約と被っていないか迅速に確認したうえでスケジュールを忘れず記入するなど、同時にいくつのも作業を行わなければならないからです。オーバーブッキングをしてしまうとサロンの印象が著しく悪くなってしまうため、きちんと確認してから予約を受け付けなくてはなりません。その作業に時間を取られ、業務時間が圧迫されてしまうのです。

また、電話やWeb、来店したお客様から直接など、予約の方法は多岐に渡ります。さらに、Webとひと口にいっても、サロンの予約に特化したサービスやSNS、サロンのホームページ、チャットアプリなど、さまざまな媒体から予約できるようにしているサロンもめずらしくありません。それらをすべて美容師が管理しなければならないため、予約管理の業務に時間も手間もかかってしまうのです。

対策

さまざまな媒体から予約が来ると、どこからどのような予約が来たかわからなくなってしまいがちです。とはいえ、認知度を上げるためにも、お客様の利便性を向上させるためにも、複数種類の予約手段を提供する必要があります。

そこで、さまざまな媒体から来る予約を一括で管理できるシステムを取り入れるのがおすすめです。人力でのスケジュール登録はミスにつながることもあるため、システムを導入することでより正確かつ手軽な予約管理が実現します。

来店・開店準備

来店・開店準備

お客様が来店してからスムーズに施術を始められるように環境を整える、来店・開店準備は必須業務であり、手間がかかるものでもあります。

忙しくなる理由

開店前やお客様の来店前には、施術に使用する道具はもちろん、お客様が読む雑誌や膝に置くクッションやブランケット、おすすめ商品やコースを案内するポップなどを、あるべき場所にセットしなければなりません。サロンには清潔さも求められるので、店内の清掃も当然行う必要があります。

さらに、開店前には朝礼を行いスタッフ全員で1日の流れを確認するなど、情報共有も必要です。このように、開店前やお客様来店前にはやるべきことが多数あるため、美容師は忙しくなってしまいがちなのです。

対策

美容師間で作業を分担することで、来店・開店準備の効率化が図れます。

ただし、いくら作業を分担しても、情報共有が上手くいかないなどの問題によって効率化に至らないケースも見られます。スタッフ間で正しく情報共有ができるシステムを取り入れるなどして、全員でスムーズに業務を進められる環境を整えるのが良いでしょう。

接客・施術

美容師が本来集中するべき業務が接客と施術です。お客様のカウンセリングをして、シャンプー・カット・カラー・パーマなど要望に合わせた施術を行い、ブローをして仕上げます。施術中に話題を提供してお客様の緊張をほぐしたり、好みを聞き出したりすることも、美容師の大切な仕事です。

忙しくなる理由

アシスタントがつくこともあるとはいえ、接客や施術は基本的に美容師が1人で進めることになります。何年も経験を積んだベテランの美容師であったとしても、お客様の要望は全員同じではないため、一人ひとりに合わせた施術を丁寧に行う必要があります。お客様が来るたび毎回いくつもの工程がかかるため、美容師が忙しくなってしまうのも無理はありません。

対策

美容師として、接客と施術にこだわりたいと考えるのは当然のことです。接客や施術に関しては、あまり過剰に効率化を追求するとサービスの質が落ちてしまうこともあるため、自身のこだわりとお客様の要望をもとに、妥協なくサービスを提供するのが良いでしょう。接客や施術に時間をかける分、他の業務を効率化することをおすすめします。

ただし、接客や施術にもシステムの導入によって効率化できる部分はあります。効率化できそうなところがないか、自分の接客や施術の流れを見直してみるのも良いでしょう。

会計・レジ締め

美容師の仕事は、金銭管理にも及びます。お客様が帰る前に正しく会計をすることも、1日の終わりに売上を集計してデータ上の売上と手元に残っている金額が合うか確認するレジ締めを行うことも、大切な業務です。

忙しくなる理由

美容師は基本的にヘアカットなど技術のプロなので、金銭面の専門家ではありません。それでも、毎日会計やレジ締めでお金に関わる業務は避けられません。金銭面の業務では特にミスが許されないため、慎重に会計やレジ締めをすることになります。

正しく業務を行おうと意識することで時間や手間がかかり、結果的に他の業務も圧迫されてしまうのです。

対策

お金に関する業務ではひとつのミスが大きな問題になってしまうので、正確さを追求しなければなりません。しかし、他にもさまざまな業務を抱える美容師にとって、ミスひとつせずに金銭に関わる業務をこなすのは大変なことです。そのため、人的ミスを減らせる会計システムの導入がおすすめです。計算やお金の管理を機械に任せることで、業務の効率化やプレッシャーの軽減につながります。

美容室システムの導入でサロンワークを効率化

美容室システムの導入でサロンワークを効率化

これまで見てきたとおり、接客や施術など美容師が本来力を入れるべき業務以外にもやらなければならないことはたくさんあります。忙しい美容師の負担を軽減するためには、直接お客様と関わる以外の業務をできるだけ効率化させる必要があります。

美容師にとって大きな負担となる予約管理や会計、レジ締め業務を効率化することで、接客や施術といったお客様に提供するサービスの質を向上させる余裕も生まれます。

サロンワークは、美容室に特化したシステムの導入によって効率化することが可能です。美容・サロン向けに特化した機能が搭載されたPOSレジシステム「POS+ beauty」の活用で、サロンワークの効率化が実現します。

美容・サロン専用POSレジ『POS+ beauty』
『POS+ beauty』のサービス詳細・機能・料金プランはこちら

予約管理の効率化・オペレーション改善

POS+ beautyの活用は、予約管理の効率化やオペレーションの改善につながります。

予約管理が大変なのは、複数種類の媒体から予約が入り、それを従業員が一つひとつ管理しなければならないからです。POS+ beautyでは、美容師が数回画面をタップするだけで予約受付が完了するため、手間がかかりません。

また、予約状況をタイムテーブルで表示したり、美容師全員の予約状況や現状を確認したりできるので、サロン全体のオペレーション向上につながります。

接客効率を高めサービス向上

POS+ beautyの導入には、接客効率を高めてサービスの質を向上させられるというメリットもあります。システムにお客様情報を登録することにより、次回来店以降手軽に情報を呼び出せるようになるからです。

まず、新規接客時にお客様へどのような施術をしたか、システムに登録します。カラーやパーマなどの情報をメモしたり、端末のカメラを使って写真で記録したりしておくことで、次回来店以降はそれらの情報を考慮した施術が実現します。

登録されたお客様情報はいつでも閲覧可能なので、時間をかけなくてもちょっとした空き時間を活用して確認できます。さらに、お客様も美容師に対して何度も同じことを伝える必要がなくなり、より踏み込んだ要望を出したり会話を楽しんだりすることができます。

接客効率を高めることで、より質の高いサービスを提供できるようになるのです。

会計・レジ締めの正確性と速度を向上

POS+ beautyはPOSレジシステムなので、導入によって会計・レジ締めを正確に行うことができるようになります。

お金を数え間違えてはいけないと考えながら業務をしていると、どうしてもプレッシャーがかかってしまいがちです。美容師が本来力を入れるべきは施術業務なので、お金に関する業務で精神をすり減らすのは本末転倒。施術や接客に注力できるよう、会計やレジ締めはPOS+ beautyに任せてしまいましょう。

美容・サロン専用のPOSレジシステム『POS+ beauty』
https://www.postas.co.jp/service/postas-beauty/

まとめ

サロンワークは多岐に渡るため、美容師は毎日忙しい日々を余儀なくされるものです。しかし、システムの導入によって業務を効率化することで、本来力を入れるべき接客や施術の質を高めることができます。必要とニーズに応じたシステムを導入し、課題を解決しオペレーションを改善することで、美容師本来の役割である「お客様を綺麗にすること」に集中できる環境を整えましょう。

関連記事
美容室・サロンのレジにおすすめ「POS+」の機能とメリット

美容・サロン関係の方へ

予約状況やスタイリストのシフト、顧客カルテ、リピート獲得施策を一元管理して日々の業務をサポートできます。

関連記事

2022.07.12 POS 法律・制度 経営

【2023年度】POSレジ導入に利用できる補助金・助成金の種類と申請方法まとめ

飲食店
2022.07.12 POS 経営

チェーンストアとは?定義や種類、今後の展開について解説

小売店
飲食店
2022.07.12 POS 店舗管理 機能 経営

小売業の店舗分析方法~データ分析を行うべき理由と効果

小売店
月額3か月無料キャンペーン