業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」
2021.03.08 2024.04.26
POS レジ

POSレジ導入はレンタルがお得?導入方法の違いや損をしない選び方を徹底解説

近年、販売管理の効率化や顧客満足度向上のため、POSレジ導入を検討する店舗が増えています。しかし、いざ導入を検討しようとすると、「購入」「レンタル」「リース」「クラウド型」など様々な種類があることが分かります。そのため、どの方法を選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

本記事では、POSレジの導入方法の違いや、それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較し、損をしない選び方のポイントをわかりやすく紹介します。

さらに、導入する際の選び方についても解説するので、POSレジを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

【POSレジ導入方法】レンタル・リース・クラウド型の違い

POSレジを導入する際、買い切り型の購入以外にもレンタル、リース、クラウド型といった選択肢があります。

  • レンタルは短期間で利用できる
  • リースは購入より低コストで導入できる
  • クラウド型は機能やソフトを柔軟に選択できる

それぞれの特徴を理解し、自店に合わせて最適なPOSレジシステムを導入する方法を選ぶことが重要です。

レンタルは短期間で利用できる

POSレジのレンタルは、短期間での利用に適した導入方法です。一般的に、レンタル契約は数ヶ月から数年まで期間を選べますが、中には数日間の短期契約もあります。展示会やフェア、または臨時のポップアップショップなど、一時的なイベントに参加する際には、短期間のレンタルが便利です。

また、新規開業店舗で運用を行う際にも、短期間のレンタルは有用です。レンタル期間中に必要な機能や操作性を確認し、その後本格的な導入を検討することができます。

必要な期間だけPOSレジを利用し、その後返却することができるため、余分なコストをかけることなく柔軟な導入が可能です。

リースは購入より低コストで導入できる

POSレジのリースは、購入よりも低コストでPOSレジを導入できる方法です。POSレジ本体や周辺機器を購入する場合に比べて初期投資額が抑えられ、月額固定のリース料金で利用できます。

POSレジの本体価格や周辺機器の費用を一括で支払う必要がなく、資金調達に悩む店舗にとって魅力的な手段といえるでしょう。また、リース契約には通常、初期費用や手数料が発生しません。

一方、POSレジを購入する場合には、本体価格の他に、設置や配線工事、初期設定費用など、様々な追加費用が発生する場合があります。これらの費用を考慮すると、リース契約の方が初期投資を抑えられる場合があります。

さらに、リース契約では、POSレジの保守やメンテナンス、アップグレードなどのサポートを受けられる場合があります。そのため、POSレジの運用を常に最適化することが可能です。

クラウド型は機能やソフトを柔軟に選択できる

クラウド型POSレジは従来のPOSレジとは異なり、インターネット経由でデータを管理することができます。そのため、様々な機能やサービスを選んで、自店舗のニーズに合わせたPOSシステムを構築することが可能です。

例えば、在庫管理や顧客管理、売上分析など、自店舗の業態に合わせて必要な機能を選択し、利用できます。POSシステムを自由にカスタマイズできるため、お客様と従業員にとって利用しやすい環境を構築できるでしょう。

さらに、クラウド型POSレジは、様々なソフトウェアやアプリケーションとの連携しやすい点が特徴として挙げられます。QRコードやキャッシュレス決済の導入もしやすく、POSシステムの機能性を向上させることができます。

また、クラウド型POSレジは、常に最新の機能やセキュリティを利用することができます。新しいシステムに変える必要がなく、定期的なアップデートにより運用上のリスクを最小限に抑えられるでしょう。

関連記事
POSレジ(POSシステム)とは?導入メリットや業種別比較、補助金について徹底解説

POSレジはレンタルよりもクラウド型がおすすめな3つの理由

カフェのレジにPOSレジが必要な理由

ここからは、POSレジ導入に際してレンタルよりもクラウド型がおすすめな理由を3つ解説します。

よく読んでいただき、参考にしていただけたら幸いです。

  • 導入費用が低コスト
  • 省スペースに設置可能
  • 店舗に合わせた柔軟な利用方法

導入費用が低コスト

クラウド型POSでは専用のハードウェアを購入する必要がなく、低コストで運用できます。レジ画面は既存のタブレットやスマートフォンを利用することができるため、ハードウェアの購入費用を削減可能です。

また、従来のPOSシステムにかかる設置作業や配線工事なども不要になります。インターネットに接続された端末があれば利用できるため、費用を抑えたい事業者におすすめのシステムといえるでしょう。

さらに、クラウド型POSは月額の利用料金で利用でき、初期投資のリスクも軽減されます。特に新規の事業や小規模店舗では、コストを押さえつつ高機能なPOSシステムを導入することが可能です。

省スペースに設置可能

クラウド型POSレジは、大型機器を必要とせず利用できるため、省スペースに設置できる点がメリットです。タブレットを置く場所を確保できれば会計業務をでき、店舗内のスペースを有効に活用できます。

また、クラウド型POSはインターネットに接続されていればどこでも利用できるので、レジや店内の任意の場所にデバイスを配置することも可能です。従来のPOSシステムでは、レジ台やカウンターに専用の機器を設置する必要がありましたが、クラウド型POSでは配置の柔軟性が高まります。

さらに、クラウド型POSはデバイスがコンパクトであり場所を取りません。顧客用のスペースを増やし、店舗内での移動や待ち時間を減らすことができます。

店舗に合わせた柔軟な利用方法

店舗に合わせた柔軟な利用方法も、クラウド型POSレジの特徴として挙げられます。メニューや商品の変更、価格の調整などをリアルタイムで行うことができます。季節ごとのフェアやセールスプロモーションの実施など、店舗のニーズに合わせたスピーディーな対応が可能です。

また、クラウド型POSは、複数の支払い方法に対応しています。クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコード決済など、さまざまな支払い方法を受け付けることができます。

さらに、クラウド型POSは、顧客管理機能を備えており、顧客ごとの購買履歴やポイント管理などを容易に行うことができるのです。そのため、顧客に合わせた個別のサービス提供やマーケティング施策を展開できるでしょう。

POSレジを導入する際の選び方

小規模カフェに特化したPOSレジを選ぶメリット

POSレジを導入する際には、自店の業態やニーズ、予算やスタッフの使いやすさなどを考慮する必要があります

ここでは、POSレジを導入する際の選び方について解説します。

  • 自店の業態に合わせる
  • 必要以上にコストをかけ過ぎない
  • 店舗スタッフが使いやすいかどうか

自店の業態に合わせる

自店の業態に合わせたPOSレジを選ぶことで、店舗運営を効率化することができます。例えば、飲食店ではメニュー管理やオーダーに対して迅速な処理が必要です。そのため、オーダーをスムーズに入力できるタッチパネルや注文内容をカスタマイズできる機能が重要になります。

一方、小売店では商品管理や在庫管理に対する機能が求められます。バーコードリーダーなどを利用する、在庫管理機能が充実しているPOSシステムが必要となるでしょう。

また、顧客管理やセールスデータの分析機能も重要です。さらに、サービス業や美容室などの場合は、予約管理や顧客情報管理の必要性が増します。予約の管理や顧客の来店履歴、施術内容の記録などを効率的に行えるPOSシステムを選ぶことが求められるでしょう。

自店の業態に合わせて選ぶことで、効率的な店舗運営や顧客サービスの向上につながります。それぞれの業態に特化した、必要とされる機能を明確にしてから導入すると良いでしょう。

必要以上にコストをかけ過ぎない

POSレジの導入には初期費用だけでなく、月額の利用料やサポート費用などがかかります。トータルの費用が予算を超える可能性がありますので、予算に合ったPOSシステムを選ぶことが大切です。

高機能なPOSシステムは魅力的ですが、自店の規模やニーズに合わない場合は無駄な出費になってしまうでしょう。例えば、小規模な飲食店に高度な在庫管理機能を備えたPOSシステムを導入する必要はありません。必要な機能だけを備えたシンプルなPOSシステムを選ぶことで、コストを抑えつつ効率的な運営を実現できます。

また、万が一の障害やトラブルが発生した場合、迅速に対応してくれるサポートがあると安心です。必要以上にコストをかけ過ぎないためには、予算や必要な機能の把握、サポート体制の確認などを行い、慎重に選ぶことが重要です。

店舗スタッフが使いやすいかどうか

店舗スタッフが使いやすいPOSレジを導入できれば、効率的な店舗運営に繋がります。POSレジの使いやすさは、スタッフの操作性が向上してお客様の待ち時間を軽減することが可能です。

導入の際には、直感的な操作性やシンプルなインターフェースがあるかどうかを確認することが重要です。繁忙時や新人スタッフのトレーニング時にも、使いやすいPOSレジであればスムーズに業務を行うことができるでしょう。

POSレジは日常的に利用するツールですので、業務に合わせて表示内容をカスタマイズできるかどうかを確認しましょう。自分好みに調整できるPOSレジであれば、スタッフの作業効率が変わり、従業員満足度を高める効果も期待できます。

また、導入前に十分なトレーニングやサポートが提供されているかどうかも確認したいポイントです。システムの使い方がわからない場合でも、サポート体制が整っているかも確認しましょう。

POS+なら業態に特化して低コストと機能性を両立

ここで紹介するPOS+のシステムは、各業態に特化した機能を備えており、低コストと高機能性を両立しています。業種に合わせた適切なPOSシステムを選ぶことで、効率的な店舗運営と顧客満足度の向上が期待できます。

POS+ retail|小売店のために作られたシステム

POS+ retailは、小売店向けに特化したPOSシステムです。小売店は商品の販売や在庫管理が中心的な業務ですが、POS+ retailは業務効率の向上が期待できます。

POS+ retailでは在庫のリアルタイムな管理が可能であり、過剰在庫や品切れを防ぐことができます。また、販売データを分析することで、売れ筋商品や需要の変化を把握し、適切な販売戦略を立てることができます。

さらに、POS+ retailは顧客情報を一元管理する機能も備えており、顧客に合わせたサービスやプロモーションの展開が可能です。

POS+ retailについて詳しく知りたい方はこちら

POS+ food|テイクアウトにも対応した飲食店仕様

POS+ foodは、飲食店向けのPOSシステムであり、テイクアウトやデリバリーなどの需要にも対応しています。具体的には、テーブル管理やオーダー管理だけでなく、テイクアウト注文の受け付けや配達管理を効率的に行うことができます。

また、複数の販売チャネルを一元管理することで、在庫や売上の統合管理が可能となり、売上拡大を支援します。さらに、POS+ foodは、飲食店の特性に合わせた柔軟なメニュー管理や割引設定、顧客管理機能も搭載。飲食店の業務効率化と顧客満足度の向上を実現します。

POS+ foodについて詳しく知りたい方はこちら

POS+ beauty|予約管理やDM機能を搭載した美容・サロン向け

POS+ beautyは、美容やサロン業界向けに特化したPOSシステムです。美容サロンは予約管理や顧客情報の管理が重要ですが、POS+ beautyはこれらの機能を網羅的にサポートします。

予約管理システムを中心に、スケジュール調整や顧客情報の管理を効率的に行うことができます。さらに、顧客へのDM機能や特典提供機能も搭載されており、顧客のニーズに合わせたサービス提供が可能です。

また、POS+ beautyは、セキュリティ面にも配慮されており、安全性の高い顧客情報管理ができます。

POS+ beautyについて詳しく知りたい方はこちら

POS+ healthcare|クリニックや整体のためのクラウドPOSレジ

POS+ healthcareは、クリニックや整体院などの医療機関向けに開発されたクラウドPOSレジです。医療機関では患者情報や診療記録の管理は厳重に行う必要があります。

POS+ healthcareは患者情報や診療記録の管理だけでなく、請求管理や予約管理も効率的に行うことができます。さらに、クラウドベースのシステムであるため、データのバックアップやセキュリティなども安全性が確保されています。

POS+ healthcareについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ|クラウド型のPOSレジを導入して経営課題を解決

クラウド型のPOSレジを導入することで、多くの経営課題を効果的に解決することができます。クラウド型POSレジは、リアルタイムでデータを管理し、複数の店舗や端末からアクセスすることが可能です。

そのため、在庫管理や売上分析などの業務を効率化し、より迅速で正確な経営判断が可能となります。また、クラウド型POSレジは、セキュリティやデータバックアップなどの面でも優れており、安心して業務を行うことができるでしょう。

経営課題を解決し、ビジネスの成長を加速するために、クラウド型POSレジの導入を検討してみましょう。

POS+クラウド型POSレジについての詳細はこちらをご覧ください

おもてなしをお手伝いするPOSシステム

低コストで高機能のクラウドPOSレジ

関連記事

2024.05.17 2024.05.17 POS 機能

POSシステム(ポスシステム)とは?機能・特徴・メリットと最新の動向

モバイル
2024.05.01 2024.05.17 POS 法律・制度 経営

【2024年度】POSレジ導入に利用できる補助金・助成金の種類と申請方法まとめ

飲食店
2022.07.12 2024.05.10 POS 経営

チェーンストアとは?定義や種類、今後の展開について解説

小売店
飲食店