業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」
2021.11.29
POS 機能

モバイルPOS(mobile POS)とは?モバイル端末を利用したPOSの機能説明

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

モバイルPOSとは?飲食店や小売店における導入メリットや事例を紹介!

モバイルPOSは市販のスマホやタブレット端末を使用するため、レジスペースを確保する必要がありません。従来型のPOSレジと比べて導入費用や、ランニングコストがリーズナブルに収まる点もメリットです。

ここではモバイルPOSの導入で得られるメリットやデメリット、モバイルPOSの導入事例をご紹介します。

※POSレジについて詳しくはコチラ:POSレジ・POSシステムとは?

モバイルPOS(mobile POS)とは

モバイルPOS(mobile POS)とは

モバイルPOSは、スマートフォンやタブレット端末をPOSレジとして用いるシステムです。市販のスマホやタブレットに専用アプリをインストール後に使用開始となります。商品がいつどのように、いくつ売れたのか?などの販売データの集計および分析ができるようになります。

モバイルPOSは市販の端末の使用するため、導入費用を抑えることが可能です。わざわざレジスペースを設ける必要もありません。大型施設はもちろんのこと、小規模な店舗事業者にも向いています。

関連記事
iPadで対応できるPOSレジシステム~機能・費用と導入のメリット・デメリット

モバイルPOSの特徴的な4つの機能

一般的なモバイルPOSに搭載されている機能は次のとおりです。

  • 通常のレジ機能・バーコードの読み取りも可
  • クレジットカード、電子マネーなどキャッシュレス決済
  • 売り上げ、顧客情報管理
  • スタッフの勤怠管理

モバイルPOSは、バーコードリーダーを使用することで各社クレジットカードや電子マネーでのキャッシュレス決済にも対応できるため、従来のPOSレジと同様のレジ機能を使用できます。

売上管理では、日報や分析結果を確認したり、チェーン展開する企業であれば店舗ごとの売上データを毎日確認したりといったことも可能です。従来のPOSレジにはなかった勤怠管理機能では、タイムカードによる打刻と手集計から解放され、スタッフと経営側、両方の負担を軽減してくれます。

モバイルPOS(mobile POS)を使うメリット

一般的なモバイルPOSに搭載されている機能は次のとおりです。

  • 通常のレジ機能およびバーコードの読み取り
  • クレジットカード、電子マネーなどのキャッシュレス決済対応
  • 売り上げや顧客情報の管理
  • 従業員の勤怠管理

モバイルPOSは、従来型のPOSレジと同様の機能が搭載されています。クレジットカードや電子マネーでのキャッシュレス決済にも対応可能です。売上管理にて、日報や販売データの分析結果が確認できます。チェーンストアの場合ならば、店舗ごとの気になるデータのみを抽出してチェックすることも可能です。モバイルPOSの導入後は端末ごとの勤怠管理に切り替わるため、従業員ごとのタイムカードの打刻や集計作業が不要となります。

関連記事
カフェのレジにおすすめ~省スペースタブレットレジ「POS+」の機能とメリット

モバイルPOS(mobile POS)を使う3つのデメリット

モバイルPOS(mobile POS)を使うデメリット

モバイルPOSの導入後は、以下の3つのデメリットが生じることが想定されます。

  • 使用にはインターネット環境が必須
  • OSの更新、バージョンアップによってトラブルが発生することがある
  • 利用するサービスによってサポート体制が異なる

モバイルPOSは取得したデータをクラウド上に保存するため、使用の際にはインターネット環境が必須です。できれば突発的なオフライン状態に対応するためにも、データを蓄積したままレジの使用が可能な「オフライン対応型」を選ぶことをおすすめします。

スマホやタブレットのOSの更新、またはアプリのバージョンアップの際にもトラブルの発生を想定しておきたいところです。アプリを常に最新の状態に保つ、自動更新対応のアプリを推奨します。

そしてトラブルを冷静に対処するためにも、サービス会社が実施するサポート内容をきちんとチェックしておきましょう。

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

モバイルPOS(mobile POS)の導入でできるようになることは?

モバイルPOSの導入後にできることとして、次の4つがあげられます。

・飲食店や小売店のDX化

・小規模店舗から大型施設まで導入可能

・レジ業務の効率化

・キャッシュレス決済への対応

飲食店や小売店のDX化を!

飲食店や小売店の中には、コスト削減を迫られる事業者も少なくありません。少子高齢化に伴う人手不足の解消も喫緊の課題です。モバイルPOSの導入することでDX化が対策のひとつとなり得るでしょう。DX化による業務の効率化や、最低限の人員による店舗運営が期待できます。

小規模店舗から大型施設まで導入可能

事業の規模に関わらず導入できるのが嬉しいところでしょう。モバイルPOSは小規模の店舗や美容系の店舗にもおすすめです。端末がコンパクトなため専用のスペースを設ける必要もありません。見た目もスタイリッシュなので、店舗の雰囲気を損ねずに導入することができます。持ち運びがしやすいのもモバイルPOSの特徴です。スピーディーな接客対応にもつながります。

レジ業務の効率化

個人経営の飲食店の中には簡易レジスターの使用や、スタッフが注文を紙に書いて受けることが少なくありません。モバイルPOSには会計業務のほかにも、オーダー受注機能が搭載された機種も存在します。レジ・オーダー業務の効率化と同時に、スタッフの勤務時間の短縮およびコスト削減にもつながるでしょう。

キャッシュレス決済にも対応できる!

モバイルPOSは、カードリーダーなどの周辺機器の接続に対応しています。キャッシュレス化(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済)の導入も、無理なく行えるのがモバイルPOSです。

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

モバイルPOS(mobile POS)の使用・活用例

すでにモバイルPOSを導入済みの事業者は、どのようにモバイルPOSを活用しているのでしょうか? 参考のために、ここからは3つの導入事例をご紹介します。

導入事例①:テーブルオーダーシステムを安価に構築、マネジメントの業務負担も軽減

食べ放題メニューのある飲食店での活用事例です。

導入企業神楽坂すしアカデミー
業種飲食店
関連記事リンクhttps://www.postas.co.jp/casestudy/327/index.html

同店では従来のテーブルオーダーシステムでの初期コスト(およそ500万円)を、モバイルPOSシステムの導入により大幅に抑えることに成功しました。POSレジから取得されるデータとシステムによる分析結果を経営に活かし、勤怠管理機能を用いてスタッフのシフト管理にも役立てています。

導入事例②:BIツールとの連携でマーケティングを強化

導入企業しゃぶしゃぶれたす
業種飲食店
関連記事リンクhttps://www.postas.co.jp/casestudy/392/index.html

旬の食材にこだわる飲食店での活用事例です。季節ごとのメニューの変更や入れ替えが煩雑になりがちだったことから、管理画面より手軽にメニュー設定や変更が可能なモバイルPOSを導入しました。モバイルPOSでメニュー管理の負担が軽減されただけでなく、データで経営を分析できるBI(Business Intelligence)ツールとの連携も実現しています。どのような年齢層のお客様が、どのメニューをオーダーしていたのか?といった年代ごとの単価の変化などをPOSシステムからの取得後に分析し、サービスの向上に役立てています。

導入事例③:自社のルールに対応できるシステムの導入でオペレーションがスムーズに

導入企業Salt grill & tapas bar
業種飲食店
関連記事リンクhttps://www.postas.co.jp/casestudy/335/index.html

「メニューを提供する際、注文したのはどのお客様か?を逐一訊ねない」「ゲストとホストを見極めて優先順位を決める」などの独自のルールを持つ飲食店の事例です。モバイルPOSの端末データを活用した結果、オーダーを取ったスタッフとは別のスタッフが料理を提供する場合にもお客さまを間違えることなく、スムーズに提供できるようになりました。接客オペレーションの円滑化を実現しています。

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

モバイルPOS(mobile POS)の選び方と注意点

モバイルPOS(mobile POS)の選び方と注意点

本項目ではモバイルPOSの選び方と注意点について、次の4つを解説致します。

  • 業種に合ったものを選択する
  • 必要な機能が何かについて考える・相談してみる
  • カスタマイズできるかや、店舗に合っているかを確認する
  • 対応OSやデバイスについても確認する

業種に合ったものを選択する

モバイルPOSは、業種ごとに適した機能が異なる点を理解しておきたいところです。飲食店用の場合、予約管理やオーダー管理、ポイント管理などの機能が付帯されています。小売店用であれば、仕入れや在庫管理、棚卸業務などに関する機能です。

ご自身の店舗に必要な機能を搭載していることを確かめた上で、ふさわしいモバイルPOSを選択しましょう。

必要な機能が何かについて考える・相談してみる

「自店の業種用のモバイルPOSだから」「多機能だから」といって、他社との比較検討をせずに導入したことで失敗するケースも少なくありません。

モバイルPOSの機能の中には、ご自身の店舗には不要なものも含まれています。モバイルPOSの使い勝手が良くなかったり、多機能性へのこだわりが初期導入コストの高額化を招くことも。モバイルPOSを導入する際には、自店に必要な機能を明確にしておきましょう。どの機能を選んだら良いのかわからない。という方には、提供業者への相談も視野に入れることをおすすめします。

カスタマイズできるかや、店舗に合っているかを確認する

モバイルPOSは、従来のPOSレジと比べて低コストでの導入が可能です。モバイルPOSの機種によっては、カスタマイズが難しいものもあります。独自のカスタマイズを検討している場合には、ベースとして自店にあった機能が付帯していることをチェックしましょう。その上でカスタマイズができるか?否か?を調べておくことをおすすめします。

対応OSやデバイスについても確認をする

モバイルPOSはOS(iOSまたはAndroid)ごとにサービスが分かれています。既存の端末を使用する場合には、端末のOSに対応したサービスの選択が必須です。対応OSやデバイスの確認を怠った際には、必然的に新たなスマホやタブレット端末を購入することになります。無駄なコストを計上しないことも、限られた予算内に収めるためのコツです。

モバイルPOS(mobile POS)の価格

モバイルPOSの導入にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。モバイルPOSの周辺機器や月額プランの費用についてご紹介します。

・周辺機器費用

周辺機器費用の目安
スマートフォン、タブレット端末1台あたり30,000円~※iPadの場合です
レシートプリンター40,000円~50,000円
バーコードリーダー30,000円~40,000円
キャッシュドロワー10,000円~50,000円
ディスプレイ10,000円~80,000円
カードリーダー20,000円~

周辺機器の費用はブランドや機種、開発された年代などで異なります。あくまでも目安として捉えていただければ幸いです。

・プラン費用

POSシステムの月額使用料は、サービス会社ごとの違いに注意したいところです。

月額使用料
サービス会社:A基本使用料:無料オプション:10,000円~
サービス会社:B基本使用料:40,000円※iPadが無料

月額使用料は月々の固定費として計上されます。「安かろう悪かろう」にならぬよう、総合的な視点で比較することが大切です。

・ランニングコスト

モバイルPOSの導入後には、通信費やレシートのロール紙の購入費、カード決済手数料やサポート料金などが想定されるランニングコストです。

費用の目安
通信費3,000円~10,000円
カード決済手数料売上の3%~

サポート費用は月額費用や初期費用に含まれているケースと、月額費用とは別に数千円のサポート費用が発生するサービスもあります。

モバイルPOS(mobile POS)の導入方法

モバイルPOS(mobile POS)の導入方法

ここからは、一般的なモバイルPOSの導入方法を紹介します。

小規模店舗の場合

①サービス会社への申し込み手続き

②端末や周辺機器の購入

③モバイルPOS専用アプリを端末にインストール

④取扱商品の登録

⑤モバイルPOSの利用開始

大型施設の場合

大型施設にて従来型のPOSレジから乗り換える場合、価格提示用のディスプレイやカードリーダーなどの端末を必要な台数分準備することになります。テーブルごとのオーダー端末や、厨房にオーダーがプリントされる「キッチンプリンター」の設置などのカスタマイズも可能です。

まとめ

ここまでモバイルPOSの機能および、モバイルPOSのメリットやデメリット、モバイルPOSの選び方や導入事例を紹介してきました。モバイルPOSはPOSレジとしての役割のほかにも、顧客管理や勤怠管理、外部システムとの連携も可能なレジシステムです。導入コストを抑えつつ、店舗の業務効率化を実現します。モバイルPOSを導入し、売上向上へとつなげましょう。

関連記事
【クラウド型POSレジ】iPad・タブレット端末で使用できるレジの機能と特徴

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

最新バージョンのモバイルレジ

あらゆる業種それぞれにカスタマイズされた今もっとも話題のPOSレジ

関連記事

2022.07.12 POS 法律・制度 経営

【2023年度】POSレジ導入に利用できる補助金・助成金の種類と申請方法まとめ

飲食店
2022.07.12 POS 経営

チェーンストアとは?定義や種類、今後の展開について解説

小売店
飲食店
2022.07.12 POS 店舗管理 機能 経営

小売業の店舗分析方法~データ分析を行うべき理由と効果

小売店
月額3か月無料キャンペーン