業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」
2020.07.13 2022.03.17
POS 機能

iPadで使える会計ソフトfreeeとは~POS+との連携でできることとメリット

クラウド会計ソフトにはさまざまな種類がありますが、本記事では使い勝手の良さで定評があり、「POS+」との連携も可能なソフト「freee」についてご紹介します。

freeeを使って何ができるのか、代表的な機能をピックアップし、さらにPOSレジシステム「POS+」との連携についても紹介します。

クラウド会計ソフトfreeeとは

freeeとは、誰でも簡単な操作で経理データの管理ができる、クラウド会計ソフトです。会計知識がなくとも、ガイダンスに従って操作するだけで、経理にまつわるあらゆる作業をオールインワンで処理が可能に。経営上で気になる数字をいつでも取り出せ、種類豊富な会計レポートを作成できるため、経営改善に役立てることができます。

詳しくは公式サイトをご確認ください。
https://www.freee.co.jp/

会計ソフトfreeeの機能

以下は、freeeの代表的な機能です。

  • かんたん記帳
  • 経費精算
  • 請求書の作成・管理
  • 決算書作成
  • 出納帳作成

かんたん記帳

かんたん記帳

「かんたん記帳」とは、AI(人工知能)による自動記帳機能のことで、手入力せずに帳簿を作成することができます。会社の経理専用通帳とfreeeを連動させると、振込先や入金元のデータからAIが自動で勘定科目を推測し、「外注費」「交通費」「消耗品費」などと振り分けてくれます。

ネットバンキングやクレジットカードから明細を自動取得して、設定したルールに従って記帳することも可能。4,000以上のサービスと連携して、自動で経理作業を行ってくれる「かんたん記帳」によって、大幅な業務効率化が実現します。

経費精算

面倒な経費精算の作業も、freeeならスマホで領収書を撮影するだけでOK。スマホで読み取った金額などを自動的に申請フォームに転記してくれ、数項目を入力するだけで経費精算作業は完了です。さらに、Android端末向けアプリ「交通費精算freee」を使えば、交通費精算も自動化できます。

freeeの経費精算は、承認する側にとってもメリットがあります。アップロードされた領収書と申請内容を突き合わせながら一画面で確認ができるため、見落としがありません。承認ステータスも一覧で見られるので、承認漏れの防止にもつながります。承認された経費データは、ワンクリックで会計ソフトfreeeに登録でき、別途会計作業を行う必要がありません。

100名近いスタッフを抱える大規模店やチェーン店などは、スタッフの経費精算を承認する作業もかなりの負担になりますので、導入効果は絶大です。

請求書の作成・管理

freeeには請求書を簡単に作成する機能が備わっており、過去の請求内容も一元管理できます。豊富なテンプレートをもとに思い通りの請求書を作成でき、取引先の書式に合わせることも可能。請求書を作成した時点で自動的にデータが「売掛金」として会計ソフトに取り込まれ、帳簿付けまで一気に完了します。

オンラインバンクと同期させておけば、AIが振り込み期日を予測してくれるので、入金確認作業を都度行う手間も省けます。

決算書作成

決算書作成

どんな業態の飲食店でも、年に1度の決算作業は避けられないもの。freeeで毎月の経理処理を行っていれば、決算書の作成も手順に従ってクリックするだけで完了します。

厨房も経理も担当しなければならない多忙なオーナーシェフの方や、バックオフィススタッフに経理経験者がいなくてお困りの経営者の方も、freeeに決算書作成をお任せすれば安心です。

出納帳作成

freeeの出納帳作成は、画面の案内に沿って入力するだけの簡単ステップ。できあがった帳簿は現金出納帳として、入出金の記録を確認する際に利用できます。

飲食店は、一般的に現金商売がメインとなる業態で、飲食代金による収入も食材の仕入れも“現金払い”がまだまだ優勢です。そのため、税務署での対応が他の業種とはやや異なり、個人経営の小さなレストランでも抜き打ちの税務調査が入る場合もあり得ます。

その理由は、現金商売ということで、売上をごまかしたり個人的な支払いに使ったりということが割と簡単にできてしまうためです。特に現金の出入りが激しいお店では、freeeを利用して完璧な現金出納帳を作成しておくと重宝するでしょう。

「POS+」との連携

「POS+ food」は飲食店に特化したPOSレジシステムで、効率的な飲食店経営には欠かせないツールです。

クラウド会計ソフトfreeeは「POS+」と連携させることができ、ふたつのシステムの相乗効果によって、店舗運営をさらに強力にサポートします。連携によってどのようなメリットがあるのか見ていきましょう

自動でfreeeに入力される

「POS+」で会計処理された売上データは、freeeと連携することによって自動的に帳簿に入力されます。日々の記帳が簡単にミスなく行え、まったく手間がかかりません。どのメニューがどれだけ注文されたのか、クレジットカードと現金の売り上げ比率はそれぞれいくらかなど、これまで「POS+」のデータから手作業で入力し直していた数値も、すべて自動で入力が完了します。

帳簿の見直しやミスの修正もないため、経理作業にかかる労働時間も削減できます。

決算書・申告書作成も手間いらず

決算書・申告書作成も手間いらず

年に一度の決算期には、決算書や税務署に提出する申告書類を作成しなければなりませんが、freeeと連携していればこれらの書類もすべて自動で作成してくれます。青色申告や会社法に対応した決算書も、すべてfreeeにおまかせで大丈夫。

決算期にも業務過多にならず、通常通りのペースで店舗運営を行うことができますので、追加の労働時間や人的コストも発生しません。

まとめ

「POS+」は、クラウド会計ソフトfreeeと連携させることでさらに便利に使うことができます。日々の会計業務や経理作業に割かなければいけない時間をカットできる分、お客様へのサービスや店舗運用の改善などに今以上に注力できるようになるでしょう。

関連記事
飲食店の開業準備でやることリスト~レジシステム「POS+」がスムーズな経営をサポート

システム連携に特化しているモバイルPOS

会計システムへの連携はPOS+ で。

関連記事

2024.05.17 2024.05.17 POS 機能

POSシステム(ポスシステム)とは?機能・特徴・メリットと最新の動向

モバイル
2024.05.01 2024.05.17 POS 法律・制度 経営

【2024年度】POSレジ導入に利用できる補助金・助成金の種類と申請方法まとめ

飲食店
2022.07.12 2024.05.10 POS 経営

チェーンストアとは?定義や種類、今後の展開について解説

小売店
飲食店
初期費用18%OFFキャンペーン