業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」
2020.09.30
POS レジ 機能

アパレルの在庫管理方法と課題~POSレジ導入で日々の業務の負担を軽減

アパレル業界では、在庫管理は非常に重要な業務になります。在庫管理による影響が大きく売り上げや損失に表れるためです。

本記事では、アパレル業界における在庫管理の課題から、在庫管理業務をよりスムーズに、より正確に行える、有用な方法をご紹介します。

アパレルの在庫管理とは

アパレル業界に欠かせない在庫管理。アイテムの多さや、シーズンごとに発生するトレンド、地域による需要の違いなどを考慮しつつ、過剰な入荷を防ぎながらも売れ筋のアイテムは欠品が出ないようにしなければならない、とても複雑な業務です

重要で複雑な在庫管理をどのような方法で正確に行うかが大きなカギとなります。

関連記事
在庫管理の考え方とは~業種別の違いや管理の手法・課題を解説

アパレルの在庫管理方法

アパレルの在庫管理方法

複雑な在庫管理業務を行うための主な方法は、以下の3つです。

  • エクセルを使う方法
  • 在庫管理表を使う方法
  • POSレジを使う方法

エクセルを使う方法

エクセルの関数を利用すれば、面倒な計算等はすべてエクセル側で行ってくれます。エクセルに不慣れな人には難しく感じるかもしれませんが、ネット上に無料のテンプレートが公開されているので、それらを使用すれば、だれでもエクセルで在庫を管理することができます。

とはいえ、導入する店舗によって必要な項目は変わってくるでしょうし、そうなるとテンプレートをカスタマイズする必要も出てきます。さらに誰が、いつ在庫管理表を更新したのかをはっきり解るようにしておかないと、現在のデータが最新のものかわからなくなってしまう、という問題点もあります。

在庫管理表を使う方法

紙ベースで在庫管理表を作成し管理する方法は、手書きのためエクセルなどの知識を必要とせず誰でもできる在庫管理方法です。

パソコンも必要としないので、棚卸先に表を持参し現地で在庫管理を行うこともでき、また、日付や記入者が一目で判別できるというメリットがあります。

しかし、計算を自分で行わなければならないためヒューマンエラーが発生しやすく、忙しいときに走り書きで記入した管理表を後で見返した際、記入してある数字が判別できず正確な在庫が把握しづらくなってしまう、といったデメリットも抱えています。

関連記事
在庫管理表とは~作成の目的と重要性・必要項目

POSレジを使う方法

POSレジを使用すれば、より簡単に在庫管理を行えます。

POSレジは、ネットワークに繋がっていることが大きな特徴です。ネットワークに繋がっている環境であれば、店内や事務所どこでも在庫管理ができるようになります。

また、POSレジであれば、いつ誰が在庫を入力したのか、というログも反映されるため、常に最新の在庫状況を確認するできるのもメリットの一つです。さらには、商品の在庫が少なくなると知らせてくれるアラート機能も備えており、入荷業務も迅速かつ正確に行えます。

関連記事
在庫管理システムとは?機能・特徴・メリットや最新の動向を紹介

アパレルにおける在庫管理の課題

アパレルにおける在庫管理の課題

アパレル業界特有の在庫管理業務の課題には、以下の3つが挙げられます。

  • アイテム数が多い
  • 検品でミスが発生しやすい
  • 在庫を抱えるリスクが大きい

アイテム数が多い

アパレル業界は商品の種類がきわめて多く、その中でサイズや色によってさらに分類されています。このため、在庫管理の際、非常に細かく入力する必要があります。

また、シーズンによるトレンドの切り替わりや需要の多い商品の変化が激しいため、一定期間ごとに正確に在庫管理を行う必要があります。さらに、毎シーズン新たな商品が登場するので、それらの分類も在庫管理業務を難しくしている一因となっています。

検品でミスが発生しやすい

アパレル業界では目視で検品作業を行っている事業者が多く、目視ではどんなに注意を払っていてもミスが起こりやすくなります。前述したとおり、アパレル業界の商品はサイズや色によって細かく分類されているだけでなく、似たような色の商品があるため、目視で判別することが難しいからです。

これらの要因により、検品作業でのミスが在庫管理にも響き、小さなミスの積み重ねが、気づけば実際の商品の在庫数との大きなズレを生み出してしまう、ということも起こり得るのです。

関連記事
情物一致とは~データと現物のズレで生じる問題とその原因

在庫を抱えるリスクが大きい

アパレル業界の商品は、シーズンによってトレンドが切り替わるため、今流行している商品が次のシーズンも同じように売れるということはほとんどありません。過剰在庫を抱えてシーズンが終わってしまった場合、その在庫を定価で販売することが非常に難しくなってしまいます。

そのため、トレンドと売れ行き、在庫を慎重に比較し、どの商品をどれだけ入荷するかをしっかりと見極めることが重要です。

関連記事
適正在庫とは~在庫管理・維持のポイントや適正数の計算方法

アパレルの在庫管理にPOSレジを使うメリット

上記にて記したアパレル業界の複雑な在庫管理は、POSレジの活用で解決することができます。

クラウド型POSレジシステム「POS+」では、在庫管理業務を行う際、従来の方法と比較して以下のような優れた点があります。

  • 在庫管理を一元化
  • 売上データ解析
  • 人件費を削減できる

在庫管理を一元化

在庫管理を一元化

「POS+」を活用することで、以下の業務をタブレット1台で行うことができます。

  • レジ業務
  • 在庫状況の確認
  • 検品
  • 棚卸
  • 入荷業務
  • 売り上げ状況の確認

これだけの業務を一元化することで、時間やミスを削減した効率的な在庫管理を行えます。また、クラウド上にデータが保存されるため、いつでも、どこでも在庫状況を確認することができるようになります。

売上データ解析

「POS+」は、多様な分析機能を有しているため、売り上げ状況の把握だけでなく、売れ筋の商品や、売れ行きの落ちている商品を一目で把握できます。

それにより、流行の移り変わりを機敏に把握し、実際の需要に合わせた商品の入荷ができるようになるのです。

人件費を削減できる

「POS+」を導入することで、実際の入荷状況を確認しながら検品作業を行えます。また、在庫状況や入荷状況もクラウド上に保存されるため、ミスが発生しづらく、作業工程を大きく削減することができます。

それにより、今まで在庫管理業務に当てていた人員や時間を減らすことができ、残業等による人件費の削減に繋がります。

関連記事
在庫管理の方法と課題~POSシステム導入で日々の業務負担を軽減

まとめ

本記事で解説したとおり、アパレル業界における在庫管理は売り上げに直結する非常に重要な業務である一方、とても複雑で負担となる業務でもあります。しかし、POSレジを導入すれば、さまざまな業務を一元化できるため効率化を図れるだけでなく、人件費の削減も可能になります。

現在の在庫管理業務に課題を抱えているのであれば、この機会にぜひPOSレジの導入をご検討ください。

在庫管理や棚卸しの管理は

小売店に特化したPOSで

関連記事

2022.07.12 POS 法律・制度 経営

【2023年度】POSレジ導入に利用できる補助金・助成金の種類と申請方法まとめ

飲食店
2022.07.12 POS 経営

チェーンストアとは?定義や種類、今後の展開について解説

小売店
飲食店
2022.07.12 POS 店舗管理 機能 経営

小売業の店舗分析方法~データ分析を行うべき理由と効果

小売店
月額3か月無料キャンペーン