• make smiles
  • レジ
  • レジの打ち方の基本と応用~レジ打ちが難しい理由と対処法
2020.10.01
レジ

レジの打ち方の基本と応用~レジ打ちが難しい理由と対処法

レジも早くカンタンに!

1台で全ての決済手段に対応するsteraと完全連携するPOSレジです。

電子マネー・QRコード・バーコードの読み取り、電子サイン、PIN入力、… 1台の端末で全ての決済手段に対応する全く新しい決済プラットフォーム「stera」と完全連携するPOSレジ「ポスタス」です。まずはぜひ資料をダウンロードしてください。

商品やサービスを提供する店舗において「レジ打ち」はほぼ必須の業務ですが、対応しなければならないことや、トラブルの元となる要素が以外に多く、負担の重い業務でもあります。

本記事では、レジ打ちに必要な一連の作業の振り返りや、従業員のレジ打ち業務の負担を軽減する方法を紹介します。

<基本編>レジの打ち方

レジの打ち方は店舗によって異なりますが、大まかな流れは基本的にどこでも同じです。以下は、レジ打ち業務の基本動作になります。

  • 商品登録
  • 小計を出す
  • 預かり金額の入力
  • お釣りを渡す

商品登録

商品登録

POSレジを使用している場合は、商品のバーコードをバーコードリーダーでスキャンします。ピッと音が鳴ってレジの液晶画面に商品情報が反映されたら、登録完了です。このときのポイントとして、スキャナーに真っ直ぐバーコードを向けると読み取りミスが減りスムーズに作業ができます。

POSレジを導入していない場合や、バーコードがない商品の場合は、あらかじめ店舗で登録されたボタンを押したり、商品番号を手入力して登録します。この際、手入力では登録ミスが起こる可能性が高いため注意が必要です。

小計を出す

すべての商品が登録できたら、小計を出します。「小計」とは、一部の項目を合算した数字のことです。間違えやすい単語として「合計」がありますが、こちらは小計同士や小計と他の数字を合算した数字のことです。

すべての商品をスキャンしたあと、レジの小計ボタンを押すと合計金額が表示されますので、金額をお客様に伝え、代金を支払ってもらいます。

預かり金額の入力

お客様が支払ったお金を預かり、金額を入力してレジに登録します。この作業で、お客様に返すべきお釣りが計算できます。

このとき、預かった金額の入力を間違えてしまうとお釣りの金額が変わってしまい、トラブルにつながってしまいます。預かり金額を正しく入力できているかしっかり確認しなければいけません。

お釣りを渡す

お釣りを渡す

お釣りが計算できたら、金額に間違いがないかを確認し、お客様に渡します。お釣りを出方法は、手動で行う場合と自動釣銭機を使う場合で方法が異なります。

手動でお釣りを出す場合は、レジの画面に表示された金額のお釣りを従業員自身が数えてお客様に渡します。このとき、お金の数え間違いがないよう注意が必要です。

一方、自動釣銭機を使う場合は、レジに表示された金額分のお釣りが自動でレジから出てきます。スピーディかつ正確にお釣りを渡せるのが特徴です。

関連記事
キャッシュドロワー(レジドロワー)のおすすめ製品~選び方のポイントを紹介

レジも早くカンタンに!

1台で全ての決済手段に対応するsteraと完全連携するPOSレジです。

電子マネー・QRコード・バーコードの読み取り、電子サイン、PIN入力、… 1台の端末で全ての決済手段に対応する全く新しい決済プラットフォーム「stera」と完全連携するPOSレジ「ポスタス」です。まずはぜひ資料をダウンロードしてください。

<応用編>レジの打ち方

応用的な打ち方には、以下があります。

  • 顧客情報の登録
  • 同じ商品が複数ある場合
  • 割引や値引きがある場合
  • 商品券などの使用がある場合
  • 支払いがクレジットカードなどキャッシュレス決済の場合
  • バーコードが通らない場合

なお紹介する方法は、あくまで一般的な方法です。レジの種類によっては機能やボタンが異なります。

顧客情報の登録

レジによっては、商品をスキャンする前に顧客情報の登録が必要です。お客様の氏名や会員番号、生年月日、電話番号やメールアドレスなどの必要な情報を登録します。なお、登録に必要な情報は店舗や企業ごとに異なるため、事前に登録が必要な項目を確認しておきましょう。

顧客情報はお客様ごとに購入履歴を確認できるようにし、来店数や利用額に応じたポイントの付与、割引などを可能にするものです。その結果、お客様の満足度が向上しリピーターの増加につながります。

同じ商品が複数ある場合

同じ商品を2つ以上登録する場合、1つずつスキャンすることも可能ですが、1度で登録を完了させるために、レジについている掛け算ボタンを活用します。たとえば、バーコードがついている同じ商品が5つあった場合は、「5」のあとに掛け算ボタンを押してからバーコードをスキャンすれば、5つ分の金額が計上されます。

このとき、同じ商品に見える別商品をまとめて登録しないように気をつける必要があります。たとえば、同じメーカーのお菓子でも、味が異なれば別商品として登録しなければなりません。複数まとめて登録する前に、本当に同じ商品であるかをきちんと確認する作業が発生します。

割引や値引きがある場合

通常のバーコードのほかに割引や値引きのシールがついていれば、そちらを読み取れば登録できます。ただし、間違えて割引や値引きをする前のバーコードを読み取ってしまわないよう注意が必要です。

バーコードがない商品の場合は、登録する際にレジの数字ボタンや「%」ボタンなどを押して計算しなければならないこともあります。レジ打ち担当者は事前に操作方法を確認しておきましょう。

商品券などの使用がある場合

商品券など金券の使用がある場合は、現金のみで支払うときとは異なり、使用する金券などの登録をしなければなりません。

多くの場合はレジに「金券」などのボタンがついているため、使用するものに合わせたボタンを押して会計を進めます。

支払いがクレジットカードなどキャッシュレス決済の場合

支払いがクレジットカードなどキャッシュレス決済の場合

クレジットカードやスマートフォンを利用したキャッシュレス決済は、現金で支払う場合とは対応が異なります。

クレジットカードであれば、読み取り端末にカードを差し込み、必要に応じてお客様に暗証番号を入力してもらうか、サインを書いてもらいます。

スマートフォンを利用したQRコード決済であれば、自店舗に備え付けのQRコードを読み取ってもらったり、スマートフォンの画面に表示されたバーコードを読み取ったりして決済を行います。

バーコードが通らない場合

バーコードは真っ直ぐになっていないとなかなか読み取れません。袋に入った商品などは、袋がシワになってバーコードが歪んでしまうことがあるので、なるべくピンと伸ばした状態でスキャンしましょう。

また、水滴がついている商品もバーコードが読み取りにくくなるため、この場合、水滴を拭ってから再度スキャンしてみてください。

関連記事
PayPayでトラブル発生!原因や問い合わせ方法は?

レジも早くカンタンに!

1台で全ての決済手段に対応するsteraと完全連携するPOSレジです。

電子マネー・QRコード・バーコードの読み取り、電子サイン、PIN入力、… 1台の端末で全ての決済手段に対応する全く新しい決済プラットフォーム「stera」と完全連携するPOSレジ「ポスタス」です。まずはぜひ資料をダウンロードしてください。

レジ打ちが難しい理由

レジ打ちが難しい理由は、主に以下の3つです。

  • スピードが求められる
  • 神経を使う
  • 商品の取り扱いに気を配る必要がある

レジ打ち業務は正確さとスピードが重要です。レジ打ちを素早くこなすことでより多くのお客様の会計を進められるため、売上の向上につながります。その結果として、お客様を待たせることもなくなり、顧客満足度も向上します。ところが、レジ打ちは多くの手順を要する作業のため、慣れていない従業員にとっては要求されるスピードを実現するのは困難なのです。

また、レジ打ちはお金を扱うため、他の業務に比べ万全の注意を払う必要があります。お釣りの金額を間違えるといったミスによって、トラブルにつながったり、信用を失ったりしてしまう可能性もあるのです。

そして、商品の取り扱い方も、レジ打ちの担当者を悩ませる原因です。スピードを上げようとするあまり、商品を落としたり壊したりしてしまうと損失が発生してしまいます。店舗の売上が下がるだけでなく、新しい商品を持ってくるためにお客様を待たせることは満足度の低下につながります。

このようなレジ打ち業務の難しさが、レジ打ち担当者の負担感の重さにつながっています。

レジ打ち業務の負担軽減にPOSレジがおすすめ

前述したように、レジ打ちはお客様や商品に気を配りながら素早く正確にこなさなければならず、従業員にとって負担の重い業務です。そんなレジ打ち業務の負担を軽減するには、POSレジの導入がおすすめです。POSレジを導入しバーコードによる商品管理を行えば、レジ打ち業務で人が介在しなければならない作業を大幅に削減できるでしょう。作業効率のアップや従業員の負担軽減も期待できます。

関連記事
POSシステム(ポスシステム)とは?機能・特徴・メリットと最新の動向

従来は専用レジスターやシステムの整備などが必要で導入コストが高くなりがちなのがPOSレジの難点でした。その問題を解決できる手段が、クラウド型POSレジ「POS+」の導入です。専用のレジスターは不要で、iPadなどのタブレットPCを用いる形で小規模店舗でも低予算での導入が可能です。

また、POS+ではキャッシュドロワーやレシートプリンター、自動つり銭機といった、レジ打ち業務の負担を軽減できる周辺機器もご利用いただけます。さらに、売上情報を記録・分析できる機能が搭載されており、マーケティングに活かして効果的な戦略を立てられるのも魅力です。

レジ打ち業務の負担が軽減できるだけではなく、売上アップにもつなげられるPOS+の導入をぜひご検討ください。

関連記事
POSレジ(POSシステム)とは?導入メリットや業種別比較、補助金について徹底解説

まとめ

レジ打ち業務はレジの打ち方を覚えるだけでなく、いかに正確に素早くこなせるかを考えなければならない仕事です。人力だけに頼っていてはミスをなくすことは困難です。POSレジの導入で、ミスの防止と業務負担の軽減を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事
小売店のレジにおすすめ「POS+」の機能とメリット・レジの種類比較

レジも早くカンタンに!
1台で全ての決済手段に対応するsteraと完全連携するPOSレジです。

電子マネー・QRコード・バーコードの読み取り、電子サイン、PIN入力、… 1台の端末で全ての決済手段に対応する全く新しい決済プラットフォーム「stera」と完全連携するPOSレジ「ポスタス」です。まずはぜひ資料をダウンロードしてください。

関連記事

2021.08.20 調査・データ

人気の記事ベスト20|店舗運営お役立ち情報

2021.06.23 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍の店舗経営のカギ「安心安全」「業務効率化」を実現するソリューション

2021.06.16 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍に求められる「省人化」:テーブルトップオーダーが推進するオペレーション改革

トップに戻る