業務効率化と売上アップを支援するクラウドPOSレジ「ポスタス」
2020.10.01
レジ

レジの使い方の基本と応用~レジ打ちを円滑にする3つのポイント

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

商品やサービスを提供する店舗において「レジ打ち」(レジの使い方)はほぼ必須の業務です。しかし対応しなければならないことや、トラブルの元となる要因が意外にも多く含まれ、負担の大きいものとなっています。

本記事では、レジの基本的な使い方とレジ打ちに必要な一連の作業の振り返りや、従業員のレジ打ちを円滑にするポイントを紹介します。

※POSレジについて詳しくはコチラ:POSレジ・POSシステムとは?

<基本編>レジの打ち方(使い方)

レジの打ち方は店舗によって異なりますが、一般的な手順は共通しています。レジ打ち業務の基本的なステップは次の4つです。これらの操作を順に行うことで、効果的に業務を進めていきましょう。

ステップ1.商品登録

ステップ2.小計を出す

ステップ3.預かり金額の入力

ステップ4.お釣りを渡す

商品登録

商品登録

POSレジを使用する際は、商品のバーコードをバーコードリーダーでスキャンします。

スキャンすると「ピッ」と音が鳴り、レジの液晶画面に商品情報が表示され、登録が完了します。スキャンする際にはバーコードを真っ直ぐにスキャナーに向けることが大切です。

これにより、読み取りミスを減少させてスムーズな作業を実現できます。

POSレジを導入していない店舗やバーコードのない商品の場合は、事前に店舗スタッフが登録済みのボタンを押すか、商品番号を手動で入力して登録します。手動で入力する際には登録ミスに注意が必要です。

小計を計算する

すべての商品の登録が完了した際に、小計を計算します。ここでの「小計」とは、一部の項目を合算した金額を指します。注意が必要なのは「合計」という単語があり、これは小計同士や小計と他の数字を合算した金額を指します。

すべての商品をスキャンした後、レジの小計ボタンを押して合計金額を表示させます。表示された合計金額をお客さまに伝えた後、代金の支払いをお願いします。

預かり金額の入力

お客さまが支払った金額を受け取り、その金額を入力してレジに登録します。この作業によって、お客さまに返すべきお釣りを瞬時に計算することが可能です。

ただし、この際に預かった金額を誤って入力してしまうと、お釣りの金額が誤ったものになってしまいます。

このようなミスはトラブルの原因となり得るため、預かった金額を正確に入力できているかどうかを確認することは非常に重要です。慎重に確認することで、正確なお釣りの計算と円滑なレジ操作を実現できます。

お釣りを渡す

お釣りを渡す

お釣りを計算したら、金額に誤りがないかを確認し、その後お客さまにお釣りをお渡しします。お釣りを渡す方法は、手動で行う方法と、自動釣銭機を使用する方法の2つがあります。

手動でお釣りを出す

手動でお釣りを渡す場合、レジの画面に表示された金額のお釣りをスタッフが数えてからお客さまにお渡しします。お金の数え間違いがないか確認することが不可欠です。

自動釣銭機でお釣りを出す

自動釣銭機を使用する場合、レジに表示された金額に対応するお釣りが自動的にレジから出金されます。この方法は正確かつスピーディにお釣りを渡せるといった利点があります。

関連記事
キャッシュドロワー(レジドロワー)のおすすめ製品~選び方のポイントを紹介

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

【応用編】レジ打ちのやり方(使い方)

レジ打ちの基本編をマスターした後には、引き続き「応用編」に進みましょう。レジ打ち方の応用編として、次の6つのケースが挙げられます。

ケース1.顧客情報の登録が必要な場合

ケース2.同じ商品が複数ある場合

ケース3.割引や値引きがある場合

ケース4.商品券などの使用がある場合

ケース5.支払いがクレジットカードなどキャッシュレス決済の場合

ケース6.バーコードが通らない場合

ケース1.顧客情報の登録が必要な場合

一部のレジの種類やモデルでは、商品をスキャンする前に顧客情報の登録が必要な場合があります。必要な顧客情報の登録項目は以下の通りです。

・お客さまの氏名

・会員番号

・生年月日

・電話番号

・メールアドレス など

登録に必要な情報は店舗や企業によって異なることがあります。事前に必要な情報を確認しておくことが重要です。顧客情報の登録によって、お客様ごとの購入履歴の追跡や、来店回数や利用金額に応じたポイントの付与、購入金額に基づく割引などが可能となります。これにより、お客様の満足度が向上し、リピーターの増加につながることが期待されます。

ケース2.同じ商品が複数ある場合

同じ商品を2つ以上登録する際には、以下の2つの方法から選択できます。

・商品を1つずつスキャンして個別に入力する方法

・レジの掛け算ボタンを利用する方法

たとえば、同じバーコードの商品が5つある場合、掛け算ボタンを押してからバーコードをスキャンすれば、5つ分の金額が計算されます。

具体的な手順は次の通りです。

1.「5」を押す

2.掛け算ボタンを押す

3.商品のバーコードをスキャンする

4.商品5つ分の金額が表示される

ただし、注意が必要なのは、同じ商品に見えるが別の商品である場合です。

たとえば、同じメーカーの商品でも風味が異なる場合は別の商品として登録する必要があります。複数をまとめて登録する前に、実際に同じ商品であるかどうかを確認する作業が重要です。

ケース3.割引や値引きがある場合

通常のバーコード以外に、割引や値引きのシールが貼られている場合、それらを読み取って登録することができます。ただし、誤って割引や値引きを適用する前のバーコードを読み取ってしまわないよう、注意が必要です。

バーコードのない商品の場合は、登録の際にはレジの数字ボタンや「%」ボタンなどを使用して計算を行う必要があります。レジを担当する際には、事前にこれらの操作方法を確認しておくことが大切です。

ケース4.商品券やギフト券の使用がある場合

商品券やギフト券などの金券を使用する場合、現金支払いとは異なるレジ操作が必要です。

金券の使用には登録が必要です。とくに季節や期間限定の商品券や廃止された商品券などは、スタッフ全員に周知することを徹底しましょう。

通常、レジには「金券」などのボタンが設けられています。適切な商品券に関連したボタンを押すことで会計手続きが進行します。落ち着いて対処し、慌てずに作業を行いましょう。

ケース5.支払いがキャッシュレス決済の場合

支払いがクレジットカードなどキャッシュレス決済の場合

クレジットカードやスマートフォンを使用したキャッシュレス決済では、現金支払いとは異なる対応が必要です。お客様がどの支払方法を選択するかを、しっかり確認しましょう。お客さまの中には、スマートフォンを無言で差し出す場合もあるため、注意が必要です。

クレジットカード決済

クレジットカード決済では、次の方法が使われます。

・カードリーダーにクレジットカードを挿入する

・タッチ決済(カードを機器にかざす)

カードリーダーの種類や購入金額によって、暗証番号の入力が求められる場合があります。お客様によるサイン(署名)が必要なケースも考えられます。

電子マネー

電子マネーを使った決済も一般的です。専用の機器にカードをかざすことで、決済が完了します。店舗ごとに異なる電子マネーを受け入れている場合、お客様にも分かりやすい位置に表示しておくことが重要です。

スマホ決済アプリ

「○○ペイ」などのスマホ決済アプリを使う場合、2つの方法があります。

・お客様のスマホで店舗のQRコードを読み取る

・お客様のスマホ画面に表示されたバーコードをPOSでスキャンする

スマートフォンの接続状況やバッテリー残量によってエラーが発生する可能性もあるため、必要に応じて別の支払方法に切り替えることが必要です。

ケース6.バーコードが通らない場合

バーコードは正確に読み取るためには、真っ直ぐになっていることが重要です。商品が袋に入っている場合など、袋がしわくちゃになってバーコードが歪んでしまう可能性があります。そのため、商品をできるだけ平らな状態に保ち、バーコードがまっすぐ伸びているようにしてスキャンしましょう。

さらに、水滴がついている商品の場合、バーコードが読み取りづらくなることがあります。この場合、まず水滴を拭き取ってから再度スキャンを試みてください。これによって正確な読み取りが行える可能性が高まります。

以下の記事では、キャッシュレス決済のトラブルについて解説しています。

関連記事:PayPayでトラブル発生!原因や問い合わせ方法は?

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

レジ打ちが難しいとされる3つの理由と対処法

ここでは、レジ打ちが難しいとされる理由と対処法について紹介します。

レジ打ちには一定以上のスピードが求められる

理由

レジ打ち業務は正確さと迅速さが重要です。迅速なレジ打ちが可能であれば、多くのお客様の会計をスムーズに進め、売上を向上させることができます。短いレジ待ち時間によって、顧客満足度の向上も期待できます。

しかし、実際のレジ打ちは多くの手順を要する作業です。従業員がスピードを求められるまでには、十分な練習と経験が必要です。

解決策

・経験豊富なスタッフによる新人スタッフへのサポート

・継続的なトレーニングと経験の積み重ね

繰り返しの訓練を行うことで、徐々にレジ打ちのスピードが向上することはよくあります。また、スタッフが成長するための十分な時間と環境を提供することも大切な要因です。

お金を扱うため正確な計算が不可欠

理由

レジ打ちはお金を扱う業務のため、十分な注意が求められます。お釣りの金額を誤ることでトラブルが発生する可能性もある上、これが積み重なると店舗の信頼問題につながることも考えられます。

解決策

・支払いのみお客さまに任せられる「セミセルフレジ」を導入する

セミセルフレジを導入した場合、お客さまが自ら商品をスキャンし、支払いを行うことでレジ打ちの手間を軽減します。ただし、操作方法に不明確な点がある場合や、支払いトラブルを防ぐためにもスタッフのサポートが必要です。

・技術的なサポートツールの活用(自動釣銭機やPOSシステム)

自動釣銭機を導入すれば、正確なお釣りの計算や迅速な対応が可能となります。また、POSシステムは商品の登録や金額計算を効率化し、スムーズなレジ打ちをサポートします。このようなツールを活用することで、従業員の負担軽減とサービス向上を両立させることができます。

商品の取り扱いに気を配る必要がある

理由

商品の取り扱い方も、レジ打ち担当者が悩む要因の一つです。スピードを追求するあまり、商品を誤って落としたり壊してしまうと、損失が発生する可能性があります。

これにより、店舗の売上が減少するだけでなく、新しい商品を手に取るまでの待ち時間が長くなり、顧客の満足度低下につながるかもしれません。

解決策

・経験豊富なスタッフが新人スタッフをサポートすることで、商品取り扱いの技術を伝える。

・周囲のスタッフ同士で協力し合い、商品の運搬や取り扱いを助け合う環境を整える。

・繰り返しのトレーニングによって、商品取り扱いのスキルを向上させる。

・お客さまに会計処理を全て任せる「フルセルフレジ」の導入

これにより、レジ担当者の負担を軽減し、商品取り扱いに集中できるようになります。ただし、操作方法の説明やトラブル時のサポートが必要となることには注意が必要です。

レジ打ちを円滑にする3つのポイント

レジ打ちをスムーズにするためには、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

商品の整理とカテゴリ分けをする

商品を整理し、カテゴリごとに分類することで、レジ打ちを効率的に行うことができます。新たに商品が追加された場合も、適切なカテゴリに追加しておくことで、素早い取り扱いが可能です。

バーコードの位置を覚える

商品のバーコードがどの位置にあるかを把握しておくことは、レジ操作の迅速化に役立ちます。バーコードを素早く読み取り、正確な情報を入力するために、バーコードの位置を熟知しておきましょう。

代金の受け渡しと同時進行

レジの取引中に代金の受け渡しを行うことで、お客様とのコミュニケーションをスムーズに保ちながら作業を進めることができます。代金の受け取りとレジ打ちを同時に進行させることで、待ち時間を削減し、快適な買い物体験を提供できます。

レジ打ち業務の負担軽減にPOSレジがおすすめ

前述したように、レジ打ちはお客様や商品に気を配りながら素早く正確にこなさなければならず、従業員にとって負担の重い業務です。そんなレジ打ち業務の負担を軽減するには、POSレジの導入がおすすめです。POSレジを導入しバーコードによる商品管理を行えば、レジ打ち業務で人が介在しなければならない作業を大幅に削減できるでしょう。作業効率のアップや従業員の負担軽減も期待できます。

関連記事
POSシステム(ポスシステム)とは?機能・特徴・メリットと最新の動向

従来は専用レジスターやシステムの整備などが必要で導入コストが高くなりがちなのがPOSレジの難点でした。その問題を解決できる手段が、クラウド型POSレジ「POS+」の導入です。専用のレジスターは不要で、iPadなどのタブレットPCを用いる形で小規模店舗でも低予算での導入が可能です。

また、POS+ではキャッシュドロワーやレシートプリンター、自動つり銭機といった、レジ打ち業務の負担を軽減できる周辺機器もご利用いただけます。さらに、売上情報を記録・分析できる機能が搭載されており、マーケティングに活かして効果的な戦略を立てられるのも魅力です。

レジ打ち業務の負担が軽減できるだけではなく、売上アップにもつなげられるPOS+の導入をぜひご検討ください。

関連記事
POSレジ(POSシステム)とは?導入メリットや業種別比較、補助金について徹底解説

まとめ

レジ打ち業務はレジの打ち方(使い方)を覚えるだけでなく、いかに正確に素早くこなせるかを考えなければならない仕事です。人力だけに頼っていては、打ち間違いなどのミスをなくすことは難しいでしょう。POSレジの導入にて、人為的ミスの防止と業務負担の軽減を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事
小売店のレジにおすすめ「POS+」の機能とメリット・レジの種類比較

店舗運営の効率化にお悩みの方へ

POS+(ポスタス)は、さまざまな業種に特化したPOSシステムを、多機能で柔軟なオプションを導入から運用まで万全のサポートでご提供しております。詳しくは資料をダウンロードしてください。

関連記事

2022.07.12 POS 法律・制度 経営

【2023年度】POSレジ導入に利用できる補助金・助成金の種類と申請方法まとめ

飲食店
2022.07.12 POS 経営

チェーンストアとは?定義や種類、今後の展開について解説

小売店
飲食店
2022.07.12 POS 店舗管理 機能 経営

小売業の店舗分析方法~データ分析を行うべき理由と効果

小売店
月額3か月無料キャンペーン