• make smiles
  • POS
  • レジ
  • キャッシュレス決済のメリットとデメリット~POSレジとの連携がおすすめな理由
2020.07.20
POS レジ

キャッシュレス決済のメリットとデメリット~POSレジとの連携がおすすめな理由

日本でもキャッシュレス決済が普及しつつあります。本記事では、日本でも普及しつつあるキャッシュレス決済のメリットとデメリットを解説します。さらに、キャッシュレス決済とPOSレジを連携させることで得られるメリットについても説明するので、キャッシュレス決済の導入を検討している方は参考にしてみてください。

キャッシュレス決済の店舗側のメリット

昨今、現金を使わずに支払いができるキャッシュレス決済の導入が進んでいます。特に2019年10月の消費税率引き上げに伴って開始されたキャッシュレス・ポイント還元事業により、キャッシュレス決済を利用する消費者は増えました。

キャッシュレス決済は、消費者だけでなく店舗にも多くのメリットがあります。キャッシュレス決済を導入することで店舗が得られるメリットは、主に以下の3つです。

  • レジ管理の手間が省ける
  • 顧客単価が上がる
  • 客層を広げられる

レジ管理が楽になる

キャッシュレス決済を導入することで、レジの作業が楽になるというメリットがあります。顧客と直接現金のやり取りをしなければ、預り金やお釣りを数え間違えることはありません。ヒューマンエラーを防げるので、レジ担当者は楽に作業ができるようになります。

また、預り金やお釣りを何度も数え直す手間が省けるため、スムーズな会計が実現するのもキャッシュレス決済の魅力です。忙しい時間帯でもひとりにかかる会計の時間が短く済むため、レジの混雑を解消することができます。レジの混雑が解消されれば顧客の満足度も高まり、再来店や売上アップにつなげることも可能です。

顧客単価が上がる

キャッシュレス決済を取り入れることは、顧客単価の上昇につながります。これは、クレジットカードや電子マネー、モバイル機器などを活用したキャッシュレス決済の方が、現金よりも支払いへのハードルが低くなる傾向があるからです

現金で支払うとお金がその場で減るため、お金を使ったという実感が湧きやすいもの。一方、キャッシュレス決済を利用した場合、お金はその場で減らずに後日請求されます。そのため、お金を使ったという実感が得にくく、つい多く支出してしまうことになるのです。

客層を広げられる

客層を広げられる

キャッシュレス決済を導入することで、客層を広げることが可能です。

近年では、支出把握の手軽さや財布を持ち歩かない気楽さにメリットを感じ、支払いをキャッシュレスに限定している人もいます。そのため、キャッシュレス決済を導入していない店舗は、このような人たちに商品やサービスを提供することができず、顧客獲得のチャンスを逃しているのです。

また、外国人観光客が多い観光地などでは、キャッシュレス決済の導入によって顕著に客層が広がります。海外には、日本よりもキャッシュレス決済が浸透している国が多くあります。さらに、手持ちの現金をわざわざ両替するよりキャッシュレス決済を利用する方が手軽なので、外国人観光客の多くはキャッシュレス決済ができる店舗を優先的に利用します。

キャッシュレス決済のデメリット

これまで説明してきたとおり、キャッシュレス決済にはさまざまなメリットがありますが、キャッシュレス決済を導入しようと考えている方は、デメリットもきちんと知っておく必要があります。キャッシュレス決済を取り入れることで店舗が受けるデメリットは、主に以下の2つです。

  • 不具合発生や停電で使えなくなる
  • 決済手数料がかかる

不具合発生や停電で使えなくなる

電気や通信の不具合によって決済ができなくなる可能性があることは、キャッシュレス決済の大きなデメリットです。災害による停電や通信障害が起きてしまうと、端末を使用するクレジットカードなどのキャッシュレス決済は利用できません。

そのため、現金決済やオフラインでも使える決済など、キャッシュレス決済が使用できなくなったときでも会計ができる方法をあらかじめ準備しておく必要があります。

決済手数料がかかる

キャッシュレス決済は、決済手数料(加盟店手数料)がかかることもデメリットです。店舗がキャッシュレス決済を導入するときは、決済金額の数%を決済手数料として契約会社に支払わなくてはなりません。

ここでは、モバイル決済とも呼ばれる各サービスの利用にかかる決済手数料を紹介します。

サービス名 手数料
PayPay 2021年9月30日まで無料
その後有料(詳細未発表)
LINE Pay 2021年7月31日まで無料
その後2.45%
d払い 3.24%
au PAY 2021年7月31日まで無料
その後3.25%
メルペイ 2020年6月30日まで無料
その後1.5%
楽天ペイ 3.24〜3.74%
※2020年6月時点での情報

なかには期間限定で決済手数料を無料としているサービスもありますが、キャンペーンが終了したあとは有料となります。決済に手数料がかかると、小規模な店舗にとっては無視できない負担となる可能性があります。

関連記事
QRコード決済のお得なキャンペーン一覧!還元率・手数料も比較して導入の参考に

キャッシュレス決済とPOSレジを連携するメリット

キャッシュレス決済とPOSレジを連携するメリット

キャッシュレス決済は、POSレジと連携させることでさまざまなメリットを受けられます。POSレジとは、顧客との金銭のやり取りが発生した時点の販売情報を登録し管理する「POSシステム」を搭載したレジのことです。キャッシュレス決済を導入するときは、レジとキャッシュレス決済端末をそれぞれ別に使用する方法か、レジとキャッシュレス決済端末を連携させて使う方法が選べます。

キャッシュレス決済とPOSレジを連携すると得られるメリットは、主に以下の2つです。

  • 売上データを記録できる
  • 業務の効率化を図れる

売上データを記録できる

POSレジは、いつどの商品がどれくらい売れたのか、データとして登録することができます。そのため、POSレジとキャッシュレス決済端末を連携させることにより、キャッシュレス決済の売上データを詳細に記録することができるのです

商品が売れた時間帯や個数などを分析することで、効果的なマーケティング戦略を立案でき、売上アップにもつながります。

業務の効率化を図れる

キャッシュレス決済とPOSレジを連携させること1回の操作で支払いが完了するため、業務の効率がアップします

連携させていない場合、キャッシュレス決済で支払いを終えたあと、POSレジに会計データとして同じ金額入力しなければなりません。これは二度打ちと呼ばれ、会計に時間がかかってしまう原因となります。

さらに、二度打ちをすることで金額を間違えて入力してしまうリスクもあります。キャッシュレス決済とPOSレジの連携は、ヒューマンエラーを防ぎ、手間を削減して業務の効率化に貢献するのです

関連記事
レジのクレジットカード決済への対応~POSレジとの連携でよりスムーズに

POSレジ導入にデメリットはある?

POSレジは、キャッシュレス決済と組み合わせることでより多くの恩恵を受けられます。しかし、一般的なレジに比べると機能が多く、使いこなすのが大変というデメリットがあります。また、デジタル端末の扱いに慣れていないスタッフは、操作を覚えるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

関連記事
POSレジ(POSシステム)とは?導入メリットや業種別比較、補助金について徹底解説

キャッシュレス決済導入が進む背景

キャッシュレス決済導入が進む背景

昨今、日本政府は店舗にキャッシュレス決済の導入を促しています。その理由として、インバウンド需要への対応が挙げられます。東京オリンピックの開催に伴い、外国人観光客の増加が見込まれています。日本よりもキャッシュレス決済が浸透している国は数多くあり、観光客の利便性が高まることから、導入を促しているのです

また、新型コロナウイルスの流行がキャッシュレス決済導入を後押しする可能性もあります。キャッシュレス決済を店舗に導入すれば、不特定多数の人が触る現金に触れないため、感染症対策につながります。

関連記事
セルフレジはキャッシュレス導入がおすすめ!POS+の利用でさらに広がる可能性

まとめ

キャッシュレス決済のメリットやデメリットに加え、キャッシュレス決済とPOSレジを連携させた場合のメリットについて紹介しました。

キャッシュレス決済は、今後ますます普及していくと考えられます。キャッシュレス決済のメリットとデメリットをきちんと把握したうえで、POSレジとの連携も含めて導入を検討しましょう。

関連記事
QRコード決済サービス一覧~メリットやおすすめポイントを比較!選び方のコツも紹介

最新のキャッシュレス決済対応のPOSレジ

あらゆる業種それぞれにカスタマイズされた今もっとも話題のクラウド型iPadレジ

関連記事

2021.08.20 調査・データ

人気の記事ベスト20|店舗運営お役立ち情報

2021.06.23 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍の店舗経営のカギ「安心安全」「業務効率化」を実現するソリューション

2021.06.16 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍に求められる「省人化」:テーブルトップオーダーが推進するオペレーション改革

トップに戻る