カフェのレジにおすすめ~省スペースタブレットレジ「POS+」の機能とメリット

クラウド型タブレットPOSレジ「POS+(ポスタス)」は、飲食店や美容院などさまざまな店舗で使われています。カフェ向けには「POS+ food(ポスタスフード)」と簡易版の「POS+ lite(ポスタスライト)」のプランがあり、カフェ経営をサポートする便利な機能が満載です。

「POS+」がなぜカフェにおすすめなのか、その理由を詳しく紹介していきます。

カフェのレジに必要な便利機能を低価格で搭載

カフェのレジに必要な便利機能を低価格で搭載

カフェにおすすめの「POS+ food」は、iPadを利用したタブレットPOSレジです。カフェ経営に役立つ多彩な機能を備え、導入費用は400,000円から、月額のPOS利用料は12,000円からとなっています。

小規模なカフェでそこまでの機能は必要でなく、できるだけコストを抑えたいという場合は、Android端末を利用した「POS+ lite」がおすすめです。こちらの導入費用は138,000円から、月額のPOS利用料は6,000円からと手軽にご利用いただけます。

飲食店向けPOSレジ
「POS+ food」
小規模飲食店向けPOSレジ
「POS+ lite」
月額 12,000円~(POS利用料) 月額6,000円〜(POS利用料)
導入費用 400,000円〜
(初期費用+周辺機器費用)
138,000円〜
(初期費用+周辺機器費用)
端末 iPad Android

カフェの雰囲気を壊さないおしゃれなタブレット型POS

カフェは、他の業態の飲食店よりも「空気感」を大切にする場所です。従来型のレジは見た目も悪く、カフェのおしゃれな空間にはふさわしくありません。その点、スマートなタブレット端末を利用した「POS+」ならどんなインテリアのカフェにもなじみます。

また、一般にカフェはこぢんまりとした店舗が多いため、薄型で場所を取らない「POS+」は省スペースで便利です。さらにタブレット端末は持ち運びができるので、カフェのテーブルで注文を取って、その場で会計することも可能。狭い店内でのレジ前の混雑を緩和することができます。

関連記事
カフェのレジのおすすめは?雰囲気を壊さないおしゃれなPOSレジの種類・機能比較

簡単な操作&365日の万全サポート

「POS+」は、iPadやAndroidなどのタブレット端末をレジとして利用するため、普段からスマートフォンやタブレットを使いこなしているユーザーにとっては初めて使う場合でも、直感的に操作ができます。

また、「POS+ food」「POS+ lite」のいずれのプランでも、基本の月額料金内で「コールセンターの365日対応」と「回数制限なしの駆けつけサポート」を実施しています。「急にレジアプリが起動しなくなった」などのトラブルにもすぐ対応できるため、安心してご利用いただけます。

関連記事
iPadレジとは?導入のメリットとデメリット・選び方のポイントを解説

カフェ利用に特化し経営をサポートするおすすめ機能

カフェ利用に特化し経営をサポートするおすすめ機能

カフェ経営のサポートに特化した「POS+ food」「POS+ lite」は、カフェオーナーの視点に立って考案された、きめ細やかで便利な機能が充実しています。

シフト、売上など経営データを簡単に管理

「POS+」が一台あれば、日々の売り上げ管理から従業員のシフト調整まで、カフェ経営にまつわるあらゆる管理を一元化できます。また原価、売上、複数店舗の運営データ数値をグラフにし可視化することで、経営上の問題点を簡単に洗い出すことが可能になります。

プリンター連動で業務負荷を軽減(レシートプリンター・キッチンプリンター)

カフェ店内のテーブルでお客様から伺ったオーダーは、その場で「POS+」に入力され、オーダーエントリーシステム(Order Entry System/OES)でキッチンに設置されたプリンターから自動出力されます。ホールスタッフがキッチンにオーダーを伝える手間や伝達漏れがなくなり、業務効率化とリスクヘッジを同時に図れます。

こうしたレシートプリンター・キッチンプリンターは各種メーカーから発売されていますが、「POS+」でも専用プリンターやプリンター内蔵型のキャッシュドロワーなどをご用意することができます。

関連記事
キャッシュドロワー(レジドロワー)のおすすめ製品~選び方のポイントを紹介

お会計もより便利に、スムーズに

お会計もより便利に、スムーズに

カフェの会計トラブルで多く発生するのは、おつりの計算や受け渡しを間違えるつり銭ミスです。タブレットPOSレジ「POS+」は自動つり銭機と連動しているため、どんなにレジが混み合って忙しくてもつり銭を間違えることはありません。

さらに持ち運びができるタブレット端末の利点を活かし、テーブルで会計することも可能です。

待ち時間を短縮!テイクアウトへの迅速対応

テイクアウトサービスを行っているカフェに便利な機能が、事前予約・事前決済を可能にする「POS+ order & pay」です。 お客は来店前に「order & pay」のアプリから注文して、事前にクレジットカード決済をしておけば、指定した時間に取りに来るだけで待たずに注文品を受け取れます。

店舗側は、「order & pay」管理サイトから、POSレジに設定されたメニューデータを取り込み、受取時間やキャンセル時間、レジ支払いなどを、簡単に設定することができます。

POS+ order & pay
テイクアウト・事前決済サービス

店内にてお客様のスマートフォンを使って注文

カフェのピークタイムはたくさんの客が来店するため、オーダーを取りに行くのが遅れてしまうことも。そんな時に「POS+ self order」があれば、お客様が自身のスマートフォンを利用してセルフオーダーできるので、待たせることがありません。店舗側で発行したQRコードをスマートフォンで読み取るとメニューが表示され、その場で注文ができる仕組みのため、アプリのインストールも不要です。

なお、店舗側は注文用端末を別途用意する必要がなく、設備投資も必要ありません。注文待ちの時間がなく顧客満足度が向上し、ホールスタッフ人件費の削減も実現できます。

POS+ self order
モバイルセルフオーダーサービス

カフェ経営の困り事はすべて「POS+」が解決します

売り上げ管理が大変、毎日のレジ締め作業が面倒、顧客の好みが分からず新メニュー開発に着手できない…カフェ経営で陥りがちなこうした困り事を、「POS+」はすべて解決します。カフェ経営に悩んでいる方は、「POS+ food」「POS+ lite」の導入をぜひご検討ください。

関連記事
カフェ経営・開業のポイントとノウハウ~タブレットPOSレジで課題を解決

カフェ運営に携わる方へ

えらばれるポイントや必要な機能をご紹介

関連記事

2021.08.20 調査・データ

人気の記事ベスト20|店舗運営お役立ち情報

2021.06.23 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍の店舗経営のカギ「安心安全」「業務効率化」を実現するソリューション

2021.06.16 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍に求められる「省人化」:テーブルトップオーダーが推進するオペレーション改革

トップに戻る