iPadで対応できるPOSレジシステム~機能・費用と導入のメリット・デメリット

レジの導入費用に悩んでいる方、これから店舗をオープンされる方。iPadがあれば簡単にレジを設置できる、iPad用のPOSレジをご存知でしょうか? 手軽で簡単、導入コストも比較的安価なレジシステムとして、すでに多くの店舗が利用しています。

そこで気になるのは、その機能や費用。本記事では、iPadレジの基本や導入のメリット・デメリットについてご紹介します。

iPadで使えるレジシステム・POSレジとは

iPadで使えるレジシステム・POSレジとは

POSレジのPOSとは、「Points Of Sales」の略で、日本語にすると「販売時点情報管理」という意味になります。POSレジはこの言葉のとおり、商品やサービスの販売情報を記録・集計して管理できる機能を備えたレジのことです。

iPadレジは、iPadにPOSシステムをインストールして使用します。これまで一般的だったPOS専用レジは、本体自体も大きく、また価格も高額だったため小規模な店舗では導入が難しいのが難点でした。一方、iPadと小さな周辺機器だけで運用できるiPadレジは、小規模店舗でも導入しやすいPOSレジです。

iPadPOSレジの代表的な機能

一般的なiPadPOSレジにはどのような機能があるのか、詳しく見ていきましょう。

・売上管理
売上データはクラウドサーバーに随時保存され、いつでもどこでもリアルタイムに確認できます。データがクラウドにアップされることで、店舗の担当者や経理担当者、さらに本部でも売り上げの状況を把握しやすくなります。集計されたデータはグラフ化され、時間帯別・期間別の売上推移を表示することも可能です。

関連記事
iPadで使える会計ソフトfreeeとは~POS+との連携でできることとメリット

・商品、在庫管理
販売している商品やサービスの登録、価格の変更もアプリ上で簡単に行えます。シーズンごとにメニューが変わる飲食店や、商品の入れ替えが頻繁なアパレル店も安心です。また、在庫数が売り上げとリアルタイムで連動して変動し、的確で素早い在庫確認・管理を行えるのも特徴です。

・勤怠管理
iPadのPOSレジでは、売上の管理だけでなくスタッフの勤怠管理も行う機能があります。出勤・退勤の記録や有給休暇・特別休暇の管理、時給や人件費の管理も可能で、これまでに使用していた会計ソフトと連携させれば、給与計算も簡単です。

iPadレジを導入するメリット

iPadレジを導入するメリット

豊富な機能をもつiPadのPOSレジは、導入により次のようなメリットを得られます。

・低コスト
従来型のPOSレジは、レジ本体やバーコード読み取り機など一式をそろえるだけで1台当たり100万円以上の費用が発生することが一般的でした。iPadのPOSレジであれば、端末自体もPOS専用機より安く、ランニングコストも月数千円からで導入できます

・操作しやすく場所を取らない
従来型のPOS専用レジは、オリジナルのシステム・操作性が採用されています。しかしiPadのPOSレジであれば、多くの人が使い慣れたタブレットのため、直感的な操作が可能です。大きさもコンパクトなため、限られたスペースでも問題なく設置できることも利点です。

関連記事
iPadレジのスタンドのおすすめ商品5選~選ぶときの注意点とチェックすべき項目

・アプリによる拡張性が高い
POS専用レジの場合、WindowsなどのOSを使用するものが多いため、メンテナンスや機能のアップデートに手間がかかります。一方、iPadのPOSレジはアプリなのでアップデートしやすく、追加機能も拡張アプリをインストールするだけで導入できます。

iPadレジを導入するデメリット

iPadのPOSレジの導入には次のようなデメリットもあります。事前に理解し、導入の際には対策をとりましょう。

・ネット環境が必要
iPadのPOSレジを使うためには、インターネット環境が必要です。売上や在庫をリアルタイムで確認するためにも、アプリのアップデートにもインターネットを使用します。ただし、「POS+」はオフライン環境下での使用も可能です。

・OSやバージョンによって不具合を起こすリスクがある
iPadを使用するため、iOSのバージョンアップにともないアプリの動作に不具合が生じることがあります。実際に、iOSのアップデートとアプリのアップデートを同時に行って不具合が生じてしまった例も見られます。OSやアプリのバージョンアップは営業時間内に行わない、サブ機を用意しておくなどの工夫が必要です。

・専用のレジと比べて耐久性が劣ることも
iPadはレジ専用の端末ではないことから、従来のPOS専用レジよりも耐久性が劣ることがあります。落下させない、水回りに置かないなど気を付けるとともに、予備のタブレットを用意し万一に備えておくと安心です。

iPadレジがおすすめな店舗

このような特徴をもつiPadレジは、どのような業種・店舗での使用が望ましいのでしょうか。ここでは、iPadレジの使用に向いている店舗の例をご紹介します。

飲食店へのiPadレジの導入

飲食店へのiPadレジの導入

iPadレジは、顧客管理や人気メニューの分析、キャッシュレス決済の導入、スタッフのシフト管理にも利用できます。

店内での飲食時の決済のほかに、テイクアウトの際の事前予約・事前決済に対応するiPadレジもあります。利用者はアプリから店舗・メニュー・受取時間を選択して事前にクレジットカードで料金を支払えば、あとは商品を受け取るだけで簡単にテイクアウトを利用できます。

こうした機能のあるPOSレジを導入すれば、需要が伸びているテイクアウトにもすぐに対応できるでしょう。

関連記事
飲食店のレジのおすすめは?店舗の特徴に応じたPOSレジの種類・機能比較

美容室へのiPadレジの導入

美容室や美容サロン向けのiPadレジもあります。スタイリストごとの目標設定や予定管理、シフト・スケジュールの管理、顧客のカルテ管理、電話予約システム、Web予約システムなどさまざまな機能が付帯されています。

スタイリストごとの売上や予約状況の可視化もiPadレジで行えるため、売上・リピート率向上のための分析ができるようになります。

関連記事
美容室にレジは不要なのか?経営サポートにおすすめiPad POSレジの機能

小売店へのiPadレジの導入

iPadレジなら、店舗の在庫をリアルタイムで確認でき、さらに入出荷、検品、棚卸まで、在庫管理業務を一元化できます。また、小売店では取扱商品が多くセール品の登録・管理といった作業が発生することも多くありますが、これらの設定もiPad上で簡単に行うことができ便利です。

いま人気の商品をデータから分析したり、前年同月のデータを見て季節ごとに商品のラインアップを変えたりと、売上向上の施策づくりにも利用できます。

関連記事
小売店のレジにおすすめの機能~POSレジ導入による課題解決メリット

iPadレジの使い方

iPadレジの一般的な使い方について見ていきましょう。

・アプリをインストール
レジとして使用するiPadに、POSレジのアプリをダウンロードしてインストールします。システムの使用料や機能についてよく理解し、納得したうえでインストールしましょう。

・商品やサービスの登録を行う
アプリをインストールしたら、起動させて商品の登録を行います。カテゴリーごとに商品を分類して登録しておけば、注文を受けるときや在庫管理、棚卸などの作業も楽になります。

・周辺機器を用意して接続する
レシートプリンターやバーコードリーダー、自動釣銭機など、必要に応じて購入した周辺機器をアプリに接続します。いざ会計となった際にお客様を待たせてしまわないよう、開店前に確実に接続しておきましょう。

iPadレジにかかる費用まとめ

iPadレジの導入にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

・初期費用
導入の際には、サポート費用がかかることが一般的です。インターネットの開通からレジの稼働開始までのフルサポート、設定方法を電話で教えてくれる電話講習サポート、商品登録サポートなど、POSレジアプリを提供するサービスによってさまざまなサポートメニューがあります。

・周辺機器、オプション費用
現金を収納するキャッシュドロワー、レシート用プリンター、自動釣銭機、カスタマーディスプレイ、バーコードリーダー、アクセスポイントなど、必要となる周辺機器の購入や、拡張アプリによるオプション費用が別途必要となる場合があります。

・ランニングコスト
POSレジアプリの使用料のほか、iPadのメンテナンス費用、インターネットの通信料、レシートのロール紙などのランニングコストが発生します。

具体的な金額について、POS+の場合の費用をご参照ください。

月額費用(POS利用料) 導入費用(初期費用+周辺機器費用)
小売店向け
POS+ retail
月額12,000円~ 450,000円~
飲食店向け
POS+ food
月額12,000円~ 400,000円~
小規模店舗飲食店向け
POS+ lite
月額6,000円~ 138,000円~
美容・サロン向け
POS+ beauty
月額12,000円~ 400,000円~

iPadレジの補助金について

iPadレジ導入の負担を軽減したい場合は、対象となる補助金がないか、地元の商工会議所や商工会に確認してみましょう。

なお、2019年度はモバイルPOSレジシステムの導入費用が「中小企業・小規模事業者等 消費税軽減税率対策補助金」の対象となっていました。

この補助金では、1システム当たりの上限を20万円(1事業者あたり上限200万円)として、タブレットは購入費用の2分の1を、付属機器の購入費、設置のためにかかった費用はそれぞれ4分の3が補助の対象でした。

※2020年現在、この補助金は申請期間が終了しています。

まとめ

iPadレジは、これまでPOS専用レジの導入が難しかった小規模事業者でも手軽に導入でき、売上管理や在庫管理はもちろん、顧客管理や勤怠管理など、幅広い機能を活用できます。

比較的低コストで導入できるiPadレジで、作業の負担を軽減しながら顧客満足度の向上を目指してみてはいかがでしょうか。

最新のPOSレジ

あらゆる業種それぞれにカスタマイズされた今もっとも話題のPOSレジ

関連記事

2021.08.20 調査・データ

人気の記事ベスト20|店舗運営お役立ち情報

2021.06.23 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍の店舗経営のカギ「安心安全」「業務効率化」を実現するソリューション

2021.06.16 調査・データ

ホワイトペーパー|コロナ禍に求められる「省人化」:テーブルトップオーダーが推進するオペレーション改革

トップに戻る